須田慎一郎が解説~吹き始めた「解散風」

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(5月27日放送)にジャーナリストの須田慎一郎が出演。自身の取材から解散風について解説した。

須田慎一郎が解説~吹き始めた「解散風」

永田町が解散風を煽っている?

衆議院が解散しそうな政界の動きを風に例えた言葉、解散風だが、今年(2019年)のはじめから永田町が解散風を煽っていると盛んに報道されている。ところが実際、本当に風が吹いているのはどこなのか。須田慎一郎が取材によって肌で感じた風が生じている場所を明かす。

飯田)永田町は、政党の本部が多くあるので政界のことを指したりしますが、「解散風、解散風」と言われていますけれども。

須田慎一郎が解説~吹き始めた「解散風」

「解散風」が吹くのはなぜか

須田)衆議院の解散、国会の解散は首相の大権と言われます。衆議院を解散させることができるのは総理大臣だけとされているのですが、過去の政界取材によると、実は総理大臣だけではないのです。何かと言うと、きょうのキーワードである解散風なのです。
これがどうして影響を与えるかと言えば、「そろそろ解散になりそうだ」、「首相はどうも解散に踏み切りそうだ」、或いはいろいろな怪情報が回って来て浮足立つのです。そうすると選挙に向けて動き始めるようになって来るわけです。
総理からは何も言っていないし、政権トップの人たちが何かを言ったわけではないけれども、常在戦場、いつ選挙になってもおかしくないのが衆議院です。「そろそろありそうだ」ということになると、「ちょっと準備しておこうかな」とか「ポスター用の写真を撮っておこうかな」、「パーティーもやってみようかな」と動き始めてしまう。特にお金を使い始めると、かなり動きが激しくなって止めようがなくなってしまう。


あわせて読みたい

1242.comの記事をもっと見る 2019年5月27日の政治記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。