ブランド展開の難しさ さてマツダは?

「報道部畑中デスクの独り言」(第133回)では、ニッポン放送報道部畑中デスクが、5月24日に行われたマツダの「マツダ3」発表会などについて解説する。

ブランド展開の難しさ さてマツダは?

新型車発表会は東京・品川区の倉庫スペースで行われた

令和になってから決算発表や新車発表会など、今月(5月)は自動車関連の取材が多い月でした。各社の決算は明暗を分けるものでしたが、そうしたなか、2019年3月期の純利益が前期に比べて43.4%減の634億円にとどまるなど、芳しくない数字が並んだのがマツダです。そのマツダが5月24日、小型乗用車「アクセラ」を全面改良し、「マツダ3(スリー)」として国内販売を開始しました。

「来年(2020年)創立100周年の節目を迎える。次の100年に向けてマツダが存続し続けるために最も重要なことは、マツダの独自性である」

東京・品川区の倉庫スペースで開かれた発表会で、マツダの丸本明社長はこのように意気込みを語りました。

ブランド展開の難しさ さてマツダは?

倉庫スペースは独特な雰囲気

アクセラは1963年に登場した「ファミリア」を源流とします。トヨタ自動車のカローラや日産自動車のサニーよりも登場は早く、1980年にFF化された5代目の「赤いファミリア」は爆発的ヒットとなりました。その後、9代をもって乗用車としての歴史に幕を下ろし、2004年から車名を「アクセラ」に変更。そして、今回は海外仕様に合わせ、会社名「マツダ」と数字を組み合わせた車名となったわけです。


あわせて読みたい

1242.comの記事をもっと見る 2019年5月31日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。