二宮金次郎は日本のドラッカー!? その経営理念に隠されたビジネスヒントとは…

【しゃベルシネマ by 八雲ふみね 第629回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。
支配人の八雲ふみねです。
シネマアナリストの八雲ふみねが、観ると誰かにしゃベりたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

今回は、6月1日公開の『二宮金次郎』を掘り起こします。


これまで1度も描かれることのなかった二宮金次郎の激動の生涯

二宮金次郎は日本のドラッカー!? その経営理念に隠されたビジネスヒントとは…

背中に薪を背負って、本を読みながら歩いている少年の銅像。皆さんが通っていた小学校には、二宮金次郎像はありましたか?

かつては全国の小学校で必ずと言っていいほど見かけた姿ですが、最近では銅像が撤去されるという現象が進んでいる話も耳にします。その背景には「児童の教育方針にそぐわない」といった理由から、「歩いて本を読むのは危険だ」「歩きスマホをイメージさせる」といった声があるとも言われています。

ところで二宮金次郎とは一体、どんな人物だったのでしょうか。

二宮金次郎は日本のドラッカー!? その経営理念に隠されたビジネスヒントとは…

二宮金次郎は、二宮尊徳の名でも知られる江戸後期の農政家であり、思想家。小田原市栢山の農家に生まれた金次郎は幼い頃に両親が早死にし、兄弟とも離れ離れになってしまいましたが、苦労しながら没落した家を再興。その手腕を買われて、諸藩ならびに600以上の村の復興に尽力しました。

徹底した実践主義者の彼のスタイルは、当時としては型破りなことばかり。誰がいちばん真面目に働いたかを村民投票で決めて、優秀者には金次郎の私費で褒美を渡す。他所から百姓を入れて、新しい土地を開拓する。小作人でも頑張れば土地を与えて本百姓に登用する。これまでの封建的な制度をぶち壊し、革命を起こしたと言っても過言ではないことを、次々とやってのけたのです。


あわせて読みたい

1242.comの記事をもっと見る 2019年6月1日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。