中国とロシアが国交樹立から70年~それでも脆弱な両国の関係

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(6月7日放送)に外交評論家・キヤノングローバル戦略研究所研究主幹の宮家邦彦が出演。習近平国家主席の訪露の報道から、アメリカに対する中国とロシアの関係について解説した。

中国とロシアが国交樹立から70年~それでも脆弱な両国の関係

モスクワで握手する中国の習近平国家主席(左)とロシアのプーチン大統領(ロシア・モスクワ)=2019年6月5日 写真提供:時事通信

中国とロシアが国交樹立から70年、対米連携をアピール

2019年は中国とロシアの国交樹立から70年にあたる。6月5日から習近平国家主席がロシアを訪問していて、様々な記念行事も実施されている。わかりやすいところでは習近平氏とプーチン氏の5日の会談の後、モスクワ動物園を訪れてパンダの贈呈式に出席した。中国はオスとメスのジャイアントパンダを友好のしるしとして有償でロシアに貸与している。なお、習氏は現地時間の7日までロシアに滞在する予定。

飯田)パンダを贈ったり握手をしたり、いろいろしていますね。

宮家)もともと世界には様々な国があるけれども、私の経験で言うと、大陸にあって、国境が陸上で接している国同士で仲のいい国はないのですよ。

飯田)ないのですか。

宮家)例えばフランスとドイツ、ポーランドとロシアとか。アメリカとカナダだってそうですからね。

飯田)仲が悪いのですか?

中国とロシアが国交樹立から70年~それでも脆弱な両国の関係

ロ、在日米軍で回答要求  モスクワで記者会見するロシアのプーチン大統領(タス=共同)=2018年12月20日 写真提供:共同通信社


あわせて読みたい

1242.comの記事をもっと見る 2019年6月9日の政治記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。