名古屋駅「天下とり御飯」(1100円)~名古屋イチの歴史を誇る駅弁を掛け紙で辿る!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】

名古屋駅「天下とり御飯」(1100円)~名古屋イチの歴史を誇る駅弁を掛け紙で辿る!

N700S新幹線電車・試運転列車、東海道新幹線・三河安城~名古屋間

東海道新幹線の次世代車両として期待されているN700S新幹線電車。
先日、深夜の試験走行では、最高時速362㎞を記録しました。
N700S新幹線電車の試験走行は、日中にも通常のダイヤの合間をぬうように行われており、ときおり「S」をイメージしたという、ヒゲの付いた新幹線がやって来ることがあります。
私自身は、国鉄時代の交直流特急電車にあったヒゲが思い出されてきます。

名古屋駅「天下とり御飯」(1100円)~名古屋イチの歴史を誇る駅弁を掛け紙で辿る!

天下とり御飯

新幹線の最高峰を意味する「Supreme」にちなんだという「N700S」新幹線電車。
一方、名古屋駅随一の歴史を誇る駅弁といえば、昭和12(1937)年発売の「親子めし」に由来する「松浦商店」の「天下とり御飯」(1100円)と言ってもいいでしょう。
昭和12年は、まさに当時東洋一を誇ったという、新しい名古屋駅舎ができた年。
今回は「松浦商店」にお邪魔して、これまでの掛け紙を見せていただきました。

名古屋駅「天下とり御飯」(1100円)~名古屋イチの歴史を誇る駅弁を掛け紙で辿る!

昭和12(1937)年発売当時の「親子めし」掛け紙

名古屋駅「天下とり御飯」(1100円)~名古屋イチの歴史を誇る駅弁を掛け紙で辿る!

平成27(2015)年夏に販売された復刻版の「親子めし」

しっかりビニール袋に入って保管されている、昭和12年当時の「親子めし」の掛け紙。
価格は30銭とありますので、当時の初乗りが5銭ですから、その6倍の値段。
いまはJR初乗りがおよそ140円ですので840円相当、ほぼいまと同じくらいでしょうか。
この掛け紙を使い、いまから4年前の平成27(2015)年に復刻発売されたことがありますので、駅弁好きの方なら、まだ記憶に新しい方もいることでしょう。


あわせて読みたい

1242.comの記事をもっと見る 2019年6月17日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。