ロッテ・鈴木大地 指揮官が見ていた前向きな姿勢

話題のアスリートの隠された物語を探る「スポーツアナザーストーリー」。今回は、6月16日の中日戦で、今季3度目のサヨナラヒットを放ったロッテ・鈴木大地選手のエピソードを取り上げる。

ロッテ・鈴木大地 指揮官が見ていた前向きな姿勢

【プロ野球交流戦ロッテ対中日】9回、バットを折られながらもサヨナラ打を放つロッテ・鈴木大地=2019年6月16日 ZOZOマリンスタジアム 写真提供:産経新聞社

「本当にかっこいい人は、あそこでホームランを打つ。僕は汚いヒットでしたけど、勝ったことには変わりないんで、最高です!」

6月16日、ZOZOマリンスタジアムで行われた中日との交流戦、ロッテの“サヨナラ男”、選手会長の鈴木大地がまたまた、とんでもないミラクルを見せてくれました。

先発・ボルシンガーが崩れ、0-5とリードされた7回、まずは中日3番手・祖父江から、鈴木は反撃のノロシを上げる9号ソロ本塁打を放ちます。

しかし8回、中日に2点を追加され、ロッテも1点を返しますが、9回ウラを迎えた時点で2-7。5点差をつけられ敗色濃厚な最終回、先頭で打席に立ったのは鈴木でした。

ピッチャーは、5番手の田島。初球、三塁方向に上がったファールフライを、高橋がグラブに当てて捕れず、これで救われた鈴木は、その後の3球目をライトスタンドへ10号ソロ! 2打席連続本塁打は3年ぶりのことでした。この10号ソロから“ミラクル”が始まります。

選手会長のひと振りで勢いづいたロッテナインは、1死から井上・レアードが連続四球を選び、満塁のチャンス。急遽登板した中日のクローザー・マルティネスから、中村奨吾が左翼線にタイムリー二塁打、さらに藤岡がセンター前に2点タイムリーを放ち、6-7。ついに1点差に迫ったのです。


あわせて読みたい

1242.comの記事をもっと見る 2019年6月17日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら