名古屋駅「鶏めし」(930円)~登場20年! 313系電車

【ライター望月の駅弁膝栗毛】

名古屋駅「鶏めし」(930円)~登場20年! 313系電車

313系電車・快速列車、東海道本線・逢妻~大府間

東海地方のJR各線で活躍する313系電車。
なかでも東海道本線・豊橋~大垣間で運行される快速列車は、豊橋~名古屋間を50分台、名古屋~岐阜間を18分前後で結び、看板列車とも言える存在です。
車内には、多くの座席で進行方向に向かって座ることができる転換クロスシートが装備され、通常は6~8両編成、日中は概ね15分間隔で運行されています。

名古屋駅「鶏めし」(930円)~登場20年! 313系電車

313系電車・快速列車、中央本線・土岐市~多治見間

名古屋地区では中央本線(中央西線)でも快速列車が運行されており、名古屋~中津川間は4駅通過で、概ね1時間15~20分ほどで結ばれています。
オレンジの特別なカラーリングが施された編成は、車内が少しグレードアップしているのが特徴で、現在は夕方のホームライナーとしても活躍しています。
平成11(1999)年のデビューの313系電車、早いもので登場から20年になるんですね。

名古屋駅「鶏めし」(930円)~登場20年! 313系電車

鶏めし

この地方を代表するご当地食材と言えば「名古屋コーチン」。
尾張藩では江戸時代後半から“武士の内職”として養鶏が行われており、「名古屋コーチン」は、明治時代に日本家禽協会から国産実用品種第一号の鶏として正式に認定されました。
そんな名古屋コーチンの照り焼きが載った駅弁が、名古屋駅弁「松浦商店」の「鶏めし」(930円)です。

(参考:「名古屋コーチン協会」ホームページ)

名古屋駅「鶏めし」(930円)~登場20年! 313系電車

鶏めし

【おしながき】
・とりご飯 玉子そぼろ
・名古屋コーチンの照り焼き
鶏肉唐揚げ
・玉子巻き
・自家製煮物(竹の子、椎茸、絹さや)
・酢蓮根
わさび菜おひたし
・くり豆


あわせて読みたい

1242.comの記事をもっと見る 2019年6月19日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。