水無月というお菓子に込められた想いとは?

「報道部畑中デスクの独り言」(第137回)では、ニッポン放送報道部畑中デスクが、「水無月」という和菓子について解説する。

水無月というお菓子に込められた想いとは?

これが「水無月」

早いもので、あと少しで6月も終わり、1年の折り返し点となります。この半年間、ニッポン放送報道部も改元などの対応であっという間だった気がしますが、今後もG20、参議院選挙、秋の即位パレードなども控え、気がついたら2019年も終わりなんてことになるのでしょう。

もっとも、「あっという間」というのも悪いことばかりではないようで…今年でデビュー55周年を迎えた歌手の五木ひろしさんが、1984年(昭和59年)、2度目の日本レコード大賞を受賞したとき、こんなふうに話していたことを思い出します。

「1年を早く過ごしたいんです」

その理由は、「仕事が順調なときは1年が早い。早い1年の繰り返しを続けて行きたい」というものでした。確かに生活が充実しているときは時間が経つのが早いと感じますし、嫌なことを前にしたときは「早く終わらないかな」と思いますね。感じ方は人それぞれですが、目まぐるしいなかにも、地に足を着けて毎日を過ごして行きたいと思います。

さて、6月は「水無月(みなづき)」と言うのはご存知かと思いますが、梅雨の時期に水無月=水のない月というのも不思議ですね。これについてはいろいろな説がありますが、有力とされているのは、水無月の「な」=漢字の「無」という字は、「~の」という名詞と名詞をつなぐ助詞の意味を持つというものです。つまり、水のない月ではなく「水の月」というのが本来の意味だということです。気象の世界でもこれから「出水期」に入ります。


あわせて読みたい

気になるキーワード

1242.comの記事をもっと見る 2019年6月20日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「ケーキ」のニュース

次に読みたい関連記事「ケーキ」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「スイーツ」のニュース

次に読みたい関連記事「スイーツ」のニュースをもっと見る

新着トピックス

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。