震度6弱を観測した鶴岡市の現地の様子

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(6月19日放送)に山形放送の宝池見由記者が電話出演。6月18日に起きた山形、新潟の地震による、現地の様子を伝えた。

震度6弱を観測した鶴岡市の現地の様子

地震で屋根瓦などが被害を受けた住宅地=2019年19日午前7時8分、山形県鶴岡市(共同通信社機から) 写真提供:共同通信社

18日夜、新潟県などで最大震度6強の地震が発生

6月18日夜10時22分頃、山形県沖を震源とする地震が発生した。新潟県村上市で震度6強、山形県鶴岡市で震度6弱を観測。気象庁では、揺れが強かった地域では家屋の倒壊や土砂災害の危険が高まっているとして、今後1週間程度は最大震度6強程度の地震に注意してほしいと呼びかけている。

気象庁・中村課長)揺れの強かった地域では地震発生から1週間程度、最大震度6強程度、今回の地震と同程度の地震に注意してください。特に今後2~3日程度は規模が大きな地震が発生することが多くありますので注意してください。

飯田)気象庁の会見の様子を聞いていただきました。山形も鶴岡市で震度6弱を観測するなどしています。現地は夜が明けて、その状況があらわになって来ているところだと思います。まずは現地、山形放送の宝池見由(ほうちけんゆう)記者とつないで現地の様子を聞いて行きたいと思います。どういった状況になっていますか?

震度6弱を観測した鶴岡市の現地の様子

前駅舎(小岩川駅 – Wikipediaより)

鶴岡市小岩川での被害状況

宝池)こちらは県内で最大となる、震度6弱を観測した鶴岡市の小岩川にいます。県の災害対策本部によりますと、鶴岡市では午前6時現在で32件の断水、その他ホームタンクの転倒による油の流出が18件。また鼠ヶ関の浄水場では約80トンの漏水が確認されています。この地震で鶴岡市では、67歳の女性が避難所に向かう途中で転んでけがをしたということです。また高畠町では、65歳の女性が自宅の階段から転落し右手首を骨折した疑いがあるなど、県内では午前6時現在で合わせて7人がけがをしたということです。また建物などへの大きな被害は確認されていませんが、鶴岡市で市道が陥没したほか、隣接する酒田市内の4ヵ所でブロック塀が倒壊するなどの被害が確認されています。昨夜18日の地震から一夜明けた今朝、海沿いの集落の鶴岡市小岩川では、屋根の瓦が落ちる被害が相次いで確認されています。集落の住民は朝5時頃、瓦礫を片付ける作業に追われていました。これまでに小岩川でけが人は確認されていません。以上、中継でした。


あわせて読みたい

1242.comの記事をもっと見る 2019年6月19日の政治記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。