骨太の方針に消費増税~それでも100%確定とは言えない

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(6月24日放送)にジャーナリストの須田慎一郎が出演。政府が閣議決定した骨太の方針について解説した。

骨太の方針に消費増税~それでも100%確定とは言えない

消費増税、骨太の方針に掲げ参院選

政府は週末、経済財政運営の指針、骨太の方針を臨時閣議で決定した。予定通り10月に消費税率を10%へ引き上げる方針を明記して参院選を戦う方針。野党は一致して反対しており、大きな争点になりそうである。

飯田)骨太の方針は消費増税だけではなく、就職氷河期世代の支援策であるとか、企業が従業員に支払わなくてはならない最低賃金についても地域間格差に配慮し、なくして行こうということも盛り込まれているのですが、見出しとしては消費増税が大きかったですかね。

須田)そもそも骨太の方針、つまり経済財政運営の基本指針というものは一体何なのか。いよいよ8月くらいから、次年度予算編成作業が本格化して来る。それにあたって、予算編成作業を政治主導でやって行こうではないかと。いままでは財務省、旧大蔵省主計局が中心になって予算編成作業をして来た。それが大蔵官僚の力の源泉になっていたのです。その辺りに政治主導を持ち込むことで、枠組みを決めようと。その枠組みが骨太の方針と言われているものです。

骨太の方針に消費増税~それでも100%確定とは言えない

財務省庁舎(財務省 (日本) – Wikipediaより)

骨太の方針に消費増税が盛り込まれていても、100%ではない

須田)このタイミングで方針を決めておかないと、次年度予算編成作業に大きな支障をきたしてしまう。いまの状況で消費増税をするかしないか、状況の最終的な確認が終わっていない段階でどうするかと言うと、10月1日にやることを前提に作成しなければ意味が無くなってしまう。
しかし、骨太の方針に盛り込んでそれが閣議決定されたのだから、もう10月1日からの消費税増税は決まりだと受け取るのは、時期尚早かなと私は思います。8~9割がたはそういう方向で進んで行くでしょうけれども、まだリーマンショック級の経済変動が100%ないかと言われると、そうではない。
今月(6月)末のG20において、最大の争点は米中首脳会談です。米中貿易戦争が今後どういう展開を見せるのか。そのあたりの見極めをするためには、首脳会談の行方が注目されますが、どうも上手く行きそうにない。中国側はアメリカ側の要求を全部蹴飛ばすという状況になる。そうすると、さらにアメリカの経済制裁が、関税も含めて加速して行く可能性が高い。そのような状況で消費税増税をするのか。まだ100%確定と考える必要はないのではないかと、私は思います。


あわせて読みたい

1242.comの記事をもっと見る 2019年6月24日の政治記事
「骨太の方針に消費増税~それでも100%確定とは言えない」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    所得税を払い今度はまた消費税を払う、二重課税。国民の皆様、分かりますかー。政府はこんなことを平気でやっているのです。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら