安倍首相がダブル選挙を見送る理由

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(6月25日放送)にジャーナリストの有本香が出演。野党5党派での幹事長・書記局長会議にて、立憲民主党が内閣不信任案の提出を提案したという報道について解説した。

安倍首相がダブル選挙を見送る理由

野党、内閣不信任決議案提出へ最終調整

国会の会期末を26日に控え、24日に野党5党派での幹事長・書記局長会議が行われ、立憲民主党は他の野党に対して25日に内閣不信任決議案を提出することを提案した。一方の野党側が先週提出した安倍総理に対する問責決議案は、24日午後の参院本会議で与党などの反対多数で否決されている。

飯田)25日が山となるのか。

有本)最後にして山なのでしょうけれど、内閣不信任案を出すような、出さないような。一応出すのでしょうが、明らかに腰が引けています。これで解散と言われてしまったら、野党はどうしようというところがあるのでしょうね。内閣不信任決議案を出して、それに対して解散という可能性ももちろん0ではありません。自民党も幹部がそれを牽制して匂わせていますが、ほぼやる可能性はないのではないかと思います。

安倍首相がダブル選挙を見送る理由

政治資金パーティー「宏池会と語る会」で壇上にならぶ、前列左2人目から自民党の二階俊博幹事長、古賀誠・宏池会名誉会長、岸田文雄会長=2019年5月15日、東京都港区 写真提供:産経新聞社

与党がダブル選挙を見送る理由

有本)その理由は、参議院の選挙がいずれにしてもあります。この参議院選挙に対して、自民党なりの世論調査というものがあります。マスコミ各社がやるような世論調査とは違って、もう少し選挙のための、どれくらい得票できるかという調査を全国でしています。そこで、参議院選挙についてはそれほど大きく負けないという結果が出た。一方、衆議院選挙を合わせてやったらどうなのかという調査もしたそうですが、意外に厳しい結果だったということです。大方の人が、総理はダブル選挙をやろうとしているのでないかと随分言っていましたけれど、現実はそう甘くないという見通しが出て来たので、見送ったということです。仮に現状のままで選挙をやったら、という前提での調査ですから、例えば消費税の問題をからめて、増税の凍結だとか思い切ったことを仮にうたった場合は、圧勝する可能性だってあります。でもそこまでは財務省やいろいろなところとの対応ができないので、今回は見送ったのだと思います。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 安倍晋三 アベノミクス
  2. 安倍晋三 ドナルド・トランプ
  3. 安倍晋三 ロシア
1242.comの記事をもっと見る 2019年6月25日の政治記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「安倍晋三 + 憲法改正」のおすすめ記事

「安倍晋三 + 憲法改正」のおすすめ記事をもっと見る

「安倍晋三 + 森友学園」のおすすめ記事

「安倍晋三 + 森友学園」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「菅直人」のニュース

次に読みたい関連記事「菅直人」のニュースをもっと見る

新着トピックス

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。