「台湾独立」が半数に~中国の脅威は日本も他人事ではない

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(6月25日放送)にジャーナリストの有本香が出演。台湾の世論調査、そこから関連するアジア太平洋地域の今後について解説した。

「台湾独立」が半数に~中国の脅威は日本も他人事ではない

総統府で、海外メディアとの会見に応じる蔡英文総統=2019年1月5日 写真提供:産経新聞社

台湾の世論調査、半数が「独立」を支持

台湾の民間シンクタンク、台湾民意基金会が24日発表した世論調査によると、台湾の将来について「独立がよい」と答えた人がおよそ半数にわたる49.7%で、「現状維持がよい」の25.4%、「中台統一がよい」の13.6%を大きく上回った。2018年9月の調査では、独立は36.2%だった。

飯田)一気に13~14%、独立が上げて来たということです。ツイッターなどでも指摘をいただいております。「台湾の件は香港で下手を打ったせいで、蔡英文さんの人気も上がっているそうですね。独立支持も増えたと言うし、皆目が覚めた感じなのではないでしょうか。台湾が日本の新幹線を導入したときとある意味、似ているかもしれませんね」。
あのときは地震があったということもありました。

有本)台湾のシンクタンクですが、前回の調査では36.2%だったものが、今回は半数ぐらいまで上がったわけでしょう。これは日本にとっていいことであると同時に、それだけこの地域の情勢が緊迫していることの表れだと思います。今週も香港で、また大きなデモが予定されているのですよね。


あわせて読みたい

1242.comの記事をもっと見る 2019年6月25日の政治記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。