猫が苦手なのに子猫ミルクボランティアに ~子猫は天使だった!~

【ペットと一緒に vol.152】by 臼井京音

猫が苦手なのに子猫ミルクボランティアに ~子猫は天使だった!~

もともと猫が怖かったという、袴もなさん。ところが令和元年に、何か新しいことに挑戦しようとスタートしたのが、子猫のミルクボランティアでした。今回は、もなさんの初めての子猫育ての奮闘記をお届けします。

保護犬とは暮らしていたけれど

袴もなさんは、無類の犬好きだった父親の影響で、幼少期からずっと犬と暮らして来ました。結婚してからも、父親の「世の中には幸せになることを待っている捨て犬がたくさんいる。そのような犬を迎えなさい」という言葉どおり、現在も2頭の保護犬と暮らしているそうです。

猫が苦手なのに子猫ミルクボランティアに ~子猫は天使だった!~

もなさんと愛犬のサニーくん(現在7歳)&ステラちゃん(現在3歳)<撮影:高野裕二>

保護犬のためにもっと自分にできることがあればと思い、もなさんは保護動物の一時預かりボランティアである“フォスター”について学べる“フォスターアカデミー”の犬コースの講座に参加。その後、猫のフォスターをしている方々との縁もつながり「猫にも目を向けてみようかな」と思い立ち、2019年4月からスタートした同団体の猫コース講座にも参加したそうです。

猫が苦手なのに子猫ミルクボランティアに ~子猫は天使だった!~

「愛すべき犬たちみんなの幸せを願って!」byもなさん

もなさんは以前、知人宅の成猫に咬まれて流血をした経験があるとか。「これまで猫と暮らしたことがなかったので、友人宅の猫ちゃんに、いつも愛犬に触るような感覚で手を出して触ろうとしたんです。そうしたら、びっくりさせてしまったみたいで、ガブっと咬んで来て……。私が悪いんですけどね。かなり流血して、猫に対する苦手意識がついてしまいました」。


あわせて読みたい

1242.comの記事をもっと見る 2019年6月26日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。