安倍総理が衆議院解散をしなかった“どこも報道しない”その背景

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(6月26日放送)に数量政策学者の高橋洋一が出演。国会会期末を迎え、安倍総理が衆議院解散をしなかった理由について解説した。

安倍総理が衆議院解散をしなかった“どこも報道しない”その背景

安倍晋三首相への問責決議案が反対多数で否決された参院本会議=2019年6月24日午後、国会 写真提供:産経新聞社

国会会期末~内閣不信任決議案は否決

国会はきょう26日に会期末を迎える。25日に野党側から衆議院に提出された内閣不信任決議案は否決された。与野党の攻防の舞台は7月の参議院選挙に移る。

飯田)朝日新聞のきょう26日の1面トップは、W選挙もなくなった、7月に参議院選挙があると。風は吹かせたけれど踊らずということが書いてあります。

高橋)国会に出している法案を見ていますが、ほとんど5月以降は法案の審議がない状況です。だからいつでも解散できるような状態でしたが、結果的に安倍さんはやらなかった。なぜかということは、安倍さんしか分からないです。
推測すると、これは解散するときに消費増税はやめるという話が出るでしょう。麻生さんがそれは嫌だと、消費増税をしたいから。麻生財務大臣の意向を優先したのだと思います。

飯田)昨日(25日)は2人きりで会って、W選挙もない、解散もないということを…。

高橋)言ったでしょう。かなり前から伝えているとは思いますけれどね。Wはやらないで、そのままで行こう、そして消費増税だということでやったのではないですか。安倍さんも解散できるような状況にはしておいたけれど、最終的な判断としては麻生さんの消費増税を受け入れたということでしょう。人事から考えると麻生さんは欠かせないのでしょう、どうしても。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 安倍晋三 アベノミクス
  2. 安倍晋三 ドナルド・トランプ
  3. 安倍晋三 ロシア
1242.comの記事をもっと見る 2019年6月26日の政治記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「安倍晋三 + 中国」のおすすめ記事

「安倍晋三 + 中国」のおすすめ記事をもっと見る

「安倍晋三 + 昭恵夫人」のおすすめ記事

「安倍晋三 + 昭恵夫人」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「野田佳彦」のニュース

次に読みたい関連記事「野田佳彦」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。