参議院選挙〜選挙の争点を決めるのは有権者である

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(6月27日放送)にジャーナリストの鈴木哲夫が出演。参議院選挙を前に、選挙の争点についての考え方や高齢化社会における社会保障の在り方等、有権者は何を考えて行くべきかについて私見を述べた。

参議院選挙〜選挙の争点を決めるのは有権者である

安倍総理が参議院選挙に向けて憲法改正の議論を推進

安倍総理は26日の通常国会閉幕を受け、総理官邸で記者会見を行った。総理は参議院選挙最大の争点は安定した政治とした上で、自らが目指す憲法改正についても次のように述べている。

安倍総理)参議院選挙においては、憲法の議論すらしない政党を選ぶのか、国民の皆さまにしっかりと自分たちの考えを示し、議論を進めて行く、その政党や候補者を選ぶのか、それを決めていただく選挙であると思います。

飯田)これは再三、総理がいろいろなところで言っていますが、22日に放送されたインターネット番組のなかでも憲法の議論をする政党か、議論すらしない政党かを選んで欲しいと訴えていた、ということです。

参議院選挙〜選挙の争点を決めるのは有権者である

参院決算委員会で答弁を行う安倍晋三首相=2019年06月10日午後、国会・参院第1委員会室 写真提供:産経新聞社

自民党にとって憲法改正を最後の旗に掲げた選挙ではない

鈴木)憲法改正は安倍さんの悲願。総理になる前に単独で話を聞いたときも、政治家としての信条だと。自分が総理ではなくても、誰か他の総理を立ててでもと安倍さんは言っています。しかし会見を聞いて思うのは、これが正式に参議院議員選挙の争点だと言っているけれども、公約なのかと言うとそうではない。通常、安倍さんの総裁任期を考えれば、4選という話もあるけれど、現時点では総裁は3期までです。そうすると今度の参議院選挙は最後の参議院選挙になるのです。


あわせて読みたい

気になるキーワード

1242.comの記事をもっと見る 2019年6月27日の政治記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「参院選」のニュース

次に読みたい関連記事「参院選」のニュースをもっと見る

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。