日本に数えるほどしかいない、「国際栄養士」の大切さ

番組スタッフが取材した「聴いて思わずグッとくるGOODな話」を毎週お届けしている【10時のグッとストーリー】

夢を持つことがなかなか難しかったりするのがいまの世の中ですが、きょうは「自分の夢を持てなかった少女」が、あるきっかけでなりたいものを見付け、「国際栄養士」として活躍するようになるまでのストーリーをご紹介します。

日本に数えるほどしかいない、「国際栄養士」の大切さ

国際栄養士・太田旭さん

「私、子どもの頃“将来の夢”がなかったんです。『大きくなったら何になりたい?』と聞かれても、具体的なことが何も答えられなくて……聞かれることが苦痛でした」

そう語るのは「国際栄養士」として活躍する、 太田旭さん・37歳。国際栄養士とは、母国で栄養士の資格を持っていて、WHO=世界保健機関の基準に沿って外国で栄養に関する仕事に従事する人のこと。日本には数えるほどしかいません。

日本に数えるほどしかいない、「国際栄養士」の大切さ

アフリカで水源調査のため移動中の様子

現在、太田さんは「アライアンス・フォーラム財団」に勤務。アフリカのザンビアや、アジアのバングラデシュで慢性栄養不良の改善と、栄養教育ができる人材育成のプロジェクトを立ち上げ、実践しています。

夢を持てなかった太田さんが、いまの仕事に就くきっかけを与えてくれたのが「バレーボール」でした。

「私、子どもの頃からずっとバレーをやっていて、高1のとき、地元の大学のバレー部がメキシコに遠征することになり、それに同行させてもらえることになったんです」

宮城県の人里離れた町で生まれ育った太田さん。外国に行くのは初めてでしたが、これで中米に興味を持ち、帰国するとすぐに高校を休学して留学することを決意。メキシコを経て、キューバへと渡ります。そこには、栄養失調でやせ細った子どもたちがたくさんいました。


あわせて読みたい

1242.comの記事をもっと見る 2019年7月4日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

新着トピックス

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。