イランの思惑はフランスとドイツを取り込むこと

ニッポン放送「飯田浩司のOK! Cozy up!」(7月19日放送)に外交評論家・キヤノングローバル戦略研究所研究主幹の宮家邦彦が出演。ホルムズ海峡でイランが外国のタンカーを拿捕したニュースについて解説した。

イランの思惑はフランスとドイツを取り込むこと

ホルムズ海峡の衛星写真(ホルムズ海峡-Wikipediaより)

イランがホルムズ海峡で外国のタンカーを拿捕

イラン革命防衛隊は18日、ペルシャ湾のホルムズ海峡にあるイラン領ララク島沖で、燃料を密輸しようとした外国のタンカーを拿捕したと明らかにした。これを受けアメリカ政府はイラン側にタンカーの即時解放を要求している。

飯田)これは一体どこの船籍なのか、イギリス政府はこのタンカーが英国船籍ではないと発表したということですが、そこも明らかになっていませんね。

宮家)船籍はあまり重要ではなくて、むしろ誰がオーナーかということですよね。イランにとっては、ジブラルタル海峡付近でイギリスに自国のタンカーが拿捕されましたよね。

飯田)シリアに行くか行かないかで。

宮家)それもあり、イギリスかという議論もあったのですけれども。いずれにせよ、やられたものはやり返すと。しかし、これまでのタンカー攻撃を見ても、それなりにバランスがうまく取れていて、決して死者は出さないということが暗黙の了解でしょう。だから船を沈めたりはしません。人が死んでしまうから。でも、無人機は落とします。お互いに落としているでしょう、アメリカもイランも。目には目を、歯には歯を、ですよね。今度はタンカーをやられたからイランもやると。しかし、人が死んだり大事故になったり船が沈んだりすることは、いまのところないですよね。つまり対応は慎重にコントロールしているということです。


あわせて読みたい

1242.comの記事をもっと見る 2019年7月21日の政治記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。