甲府駅「甲府開府記念弁当 甲州牛ちらし寿司」(1280円)~甲府開府500年の記念駅弁!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】

甲府駅「甲府開府記念弁当 甲州牛ちらし寿司」(1280円)~甲府開府500年の記念駅弁!

E353系電車・特急「かいじ」、中央本線・春日居町~石和温泉間

甲府盆地を囲む山並みをバックに、ぶどう&桃畑のなかを走る特急「かいじ」号。
特急列車が高速で通り過ぎるたびに、土埃と金属にフルーティな香りが入り混じった、線路沿いの果物畑ならではの匂いが漂います。
「かいじ」号は山梨県内の大月、塩山、山梨市、石和温泉にも停まる甲府発着の特急列車。
立川~甲府間なら900円の追加料金(えきねっとチケットレス)で乗車することができます。

甲府駅「甲府開府記念弁当 甲州牛ちらし寿司」(1280円)~甲府開府500年の記念駅弁!

甲府駅前・武田信玄像

今年・令和元(2019)年は、甲府開府から500年。
永正16(1519)年、武田信虎公がつつじヶ崎(現・武田神社)に館を構え、その2年後には、ご存知、武田信玄公が生誕しました。
甲府駅南口の信玄公の銅像は、有志による浄財で昭和44(1969)年4月に完成したもの。
じつはコチラも、今年で50年という節目を迎えていたんですね。

(参考)甲府市ホームページ

甲府駅「甲府開府記念弁当 甲州牛ちらし寿司」(1280円)~甲府開府500年の記念駅弁!

甲府城跡

甲府駅近くには城の石垣が見えますが、これは武田氏の後に造られた「甲府城」。
江戸時代前半は、主に徳川家が藩主を務める甲府藩の中心として、後半は幕府直轄領・天領の中心的な場所となりました。
城内にはぬるい温泉が湧いていたとも云われ、全国的にも珍しい温泉付き城郭だった様子。
いまはかつてのお城を東西に貫くように中央本線が通り、甲府駅も城跡の一部にあります。

(参考)甲府市ホームページ


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 弁当 レシピ
1242.comの記事をもっと見る 2019年8月6日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「弁当 + レシピ」のおすすめ記事

「弁当 + レシピ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「寿司」のニュース

次に読みたい関連記事「寿司」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「弁当」のニュース

次に読みたい関連記事「弁当」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース インタビューの主要ニュース

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。