小淵沢駅「プレミアム高原野菜とカツの弁当」(1400円)~すっかり小淵沢の夏の風物詩! プレミアムなカツ弁当

【ライター望月の駅弁膝栗毛】

小淵沢駅「プレミアム高原野菜とカツの弁当」(1400円)~すっかり小淵沢の夏の風物詩! プレミアムなカツ弁当

キハ110系気動車・普通列車、小海線・小淵沢~甲斐小泉間

中央本線の小淵沢から清里・野辺山・小海・中込を経由して、しなの鉄道(旧・信越本線)の小諸を目指すJR小海線。
夏雲がもくもくと湧き立つ南アルプスをバックに、グイグイ高度を上げて行く列車は、まさに「高原列車」の名にふさわしい風景。
八ヶ岳の麓、清里・野辺山へは、小淵沢からおよそ30分のローカル線旅となります。

小淵沢駅「プレミアム高原野菜とカツの弁当」(1400円)~すっかり小淵沢の夏の風物詩! プレミアムなカツ弁当

キハ110系気動車・臨時「八ヶ岳高原列車」、小海線・野辺山~清里間

小海線は、日本で最も標高が高いところを走るJR線。
清里~野辺山間には、標高1375mのJR線最高地点があり、観光スポットとなっています。
清里のリゾート地や野辺山高原を訪れる人が多い夏場は、小海線・小淵沢~野辺山間で「八ヶ岳高原列車」の愛称がついた臨時の普通列車も増発。
小淵沢~清里・野辺山両駅間のみ、首都圏のSuicaエリアにもなっています。

小淵沢駅「プレミアム高原野菜とカツの弁当」(1400円)~すっかり小淵沢の夏の風物詩! プレミアムなカツ弁当

プレミアム高原野菜とカツの弁当

そんな夏の小海線でいただきたい駅弁と言えば、やっぱりコレ!
小淵沢駅弁「丸政」が、昭和45(1970)年に生んだ名物駅弁「高原野菜とカツの弁当」のプレミアムバージョン、「プレミアム高原野菜とカツの弁当」(1400円)です。
「丸政」によると、例年7月の3連休から販売するそうですが、今年(2019年)は長雨の影響もあって、7月下旬、ようやく販売にこぎつけたと言います。

小淵沢駅「プレミアム高原野菜とカツの弁当」(1400円)~すっかり小淵沢の夏の風物詩! プレミアムなカツ弁当

プレミアム高原野菜とカツの弁当


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. 弁当 レシピ
1242.comの記事をもっと見る 2019年8月9日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「弁当 + レシピ」のおすすめ記事

「弁当 + レシピ」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「弁当」のニュース

次に読みたい関連記事「弁当」のニュースをもっと見る

次に読みたい関連記事「寿司」のニュース

次に読みたい関連記事「寿司」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら