函館駅「山海贅沢ごはん」(1100円)~山も海もある函館本線の旅!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】

函館駅「山海贅沢ごはん」(1100円)~山も海もある函館本線の旅!

キハ281系気動車・特急「スーパー北斗」、函館本線・森~石谷間

函館本線は、函館~旭川間の路線です。
函館から駒ケ岳の裾野、噴火湾沿いを長万部へ進み、ニセコ・倶知安回りで小樽~札幌~岩見沢の北海道最古となる鉄道の区間を含みながら、滝川・深川を経由し旭川へ。
“函館本線”という路線の名前は、かつて青函連絡船を介して、函館が「北海道の玄関」だった時代があったことを、いまに伝えてくれているような気がします。

函館駅「山海贅沢ごはん」(1100円)~山も海もある函館本線の旅!

キハ261系気動車・特急「スーパー北斗」、函館本線・赤井川~大沼公園間

函館~札幌間を結ぶ特急「スーパー北斗」は、函館を出ると五稜郭、新函館北斗、大沼公園、森、八雲、長万部と停まり、海沿いの室蘭本線へ入ります。
そこから洞爺、伊達紋別、東室蘭、登別、苫小牧と停車駅を重ねて千歳線へ入り、南千歳、新札幌と停まって、終着・札幌までは4時間弱の旅となります。
車窓は山あり、海あり、湖ありと、思いのほか飽きることがありません。

函館駅「山海贅沢ごはん」(1100円)~山も海もある函館本線の旅!

山海贅沢ごはん

そんな山あり、海ありの「スーパー北斗」の旅のお供には、函館駅弁「山海贅沢ごはん」(1100円)がいいかもしれません。
製造・販売する「函館みかど(北海道キヨスク)」によると、これまで販売されていた「山海ほたてめし」をリニューアルする形で、今年(2019年)7月に発売されたばかりとのこと。
ボックスタイプの容器から、シンプルな帯を巻いた装丁に変わっていますね。


あわせて読みたい

1242.comの記事をもっと見る 2019年8月14日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

> 今日の主要ニュース > 国内の主要ニュース > 海外の主要ニュース > 芸能の主要ニュース > スポーツの主要ニュース > トレンドの主要ニュース > おもしろの主要ニュース > コラムの主要ニュース > インタビューの主要ニュース

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。