8月19日は名アレンジャー・森岡賢一郎の命日~加山雄三をはじめ、昭和歌謡に果たした偉大なる功績

8月19日は名アレンジャー・森岡賢一郎の命日~加山雄三をはじめ、昭和歌謡に果たした偉大なる功績

【大人のMusic Calendar】

ちょうど1年前の2018年8月19日、昭和の歌謡曲史に大きな足跡を遺した作・編曲家の森岡賢一郎が世を去った。84歳であった。三男は元SOFT BALLETのキーボーディスト・森岡賢(2016年に49歳で逝去)、四男はギタリストの森岡で父親の才能を受け継ぎ、長女も現代美術家の森岡寿里という芸術一家である。1960年代中頃から歌謡曲の世界で頭角を現し、次々とヒット曲を世に送りだした。バイオリンを主とするストリングスを多用した瀟洒なアレンジに定評があり、“オリンの森岡”の異名をとったという。理知的な面持ちに長髪のいかにも音楽家然とした佇まいで知られ、1976年に愛川欽也長門裕之が中心になって成された同じ年生まれによる芸能界の親睦団体“昭和9年会”のメンバーでもあった。坂上二郎大橋巨泉、藤村俊二、森岡と同年に亡くなった前田憲男に至るまで物故者が多く、今や天国の方が賑やかになっていることは時の流れを感じさせる。

熊本県八代市生まれの森岡は、熊本県立八代高等学校卒業後、音楽の道を志す。指揮を平井哲三郎、高階正光、ピアノをポール・ヴィノグラドフ、作曲を團伊玖磨にそれぞれ師事しながら研鑽を磨き、秘めたる才能を発揮していった。そのままクラシック道を突き進んで現代音楽の世界で活躍する流れも自然であったはずだが、あえて大衆音楽の世界に身を置いたのは思うところがあったのだろう。スマイリー小原とスカイライナーズでピアノを担当したことから渡辺プロダクション関連の仕事が増えてゆき、最初に注目を集めたのは俳優・加山雄三の歌手としての大出世作「君といつまでも」である。1965年12月リリース。半年前の6月に出され、加山が弾厚作のペンネームで作曲した最初のヒット曲「恋は紅いバラ」も森岡による美しいアレンジがヒットの大きな要因となったことは間違いないが、「君といつまでも」にはそれをさらに凌ぐ秀逸なアレンジが施された。レコーディングの際、初めてスタジオでその音を聴いた加山が感激のあまりにもらした「幸せだなァ~」がそのまま間奏の台詞になったというエピソードは有名。同時期に出された園まり「逢いたくて逢いたくて」と共に、1966年の『第8回日本レコード大賞』で編曲賞を受賞している。


あわせて読みたい

気になるキーワード

加山雄三のプロフィールを見る
1242.comの記事をもっと見る 2019年8月19日の芸能総合記事
「8月19日は名アレンジャー・森岡賢一郎の命日~加山雄三をはじめ、昭和歌謡に果たした偉大なる功績」の みんなの反応 1
  • 匿名さん 通報

    2019年にまだ「外人」って書いてるのか。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

次に読みたい関連記事「松本利夫」のニュース

次に読みたい関連記事「松本利夫」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら