道南いさりび鉄道「ながまれ海峡号」(ツアー料金・9800円)~怒涛の美味いものラッシュ! 食いしん坊必須の観光列車!!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】

道南いさりび鉄道「ながまれ海峡号」(ツアー料金・9800円)~怒涛の美味いものラッシュ! 食いしん坊必須の観光列車!!

キハ40形気動車・団体列車「ながまれ海峡」号、道南いさりび鉄道・茂辺地駅

北海道新幹線の開業で誕生した「道南いさりび鉄道」。
かつての江差線・五稜郭~木古内間が、第3セクター鉄道として生まれ変わった路線です。
看板列車は、毎月概ね第1・第3土曜日に運行されている団体列車「ながまれ海峡号」。
じつはこの列車、食いしん坊にはたまらない怒涛の“美味しいものラッシュ”が楽しめます!
今回は「日本旅行」主催のツアーに参加、道南の美味しいものをいっぱいいただきました。

道南いさりび鉄道「ながまれ海峡号」(ツアー料金・9800円)~怒涛の美味いものラッシュ! 食いしん坊必須の観光列車!!

アテンダントさんのお出迎え

始発の函館駅では、道南いさりび鉄道のアテンダントさんがお出迎え。
「ながまれ」とは、北海道・道南の言葉で「ゆっくりして、のんびりして」の意味です。
「ながまれ海峡号」は函館15:51発、五稜郭から道南いさりび鉄道線に入り、およそ1時間50分かけて木古内へ向かい、約40分の停車後、再び函館には19:47に戻って来ます。
およそ4時間、道南の食と函館の夕景・夜景を楽しみながら、のんびりと走る列車です。

道南いさりび鉄道「ながまれ海峡号」(ツアー料金・9800円)~怒涛の美味いものラッシュ! 食いしん坊必須の観光列車!!

道南いさりび鉄道「ながまれ海峡」号

早速乗り込むと、大きなイカや大漁旗の装飾がありますが、どこか懐かしい雰囲気。
この車両は国鉄時代の昭和55(1980)年に作られ、JRから道南いさりび鉄道に譲渡されたキハ40形気動車で、1793と1799の2両が「ながまれ」号として改装されました。
普段は定期列車として運行され、「ながまれ海峡号」として走る前日に社員の皆さんが手作業で道南杉のテーブルやヘッドレストなどを設置しているのだそうです。


あわせて読みたい

1242.comの記事をもっと見る 2019年8月19日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら