1979年8月27日、さだまさし「関白宣言」が5週連続でオリコン1位を獲得~女性蔑視の歌なのか?

【大人のMusic Calendar】

さだまさしがソロになってから8枚目のシングル「関白宣言」を発表したのは1979年7月10日のこと。6分20秒という長尺の曲にもかかわらず、そのテーマの斬新さもあって「関白宣言」は大きな話題となった。そして「関白宣言」は、同年8月に創刊された専門誌『オリジナルコンフィデンス(オリコン)』誌のウイークリー・シングルチャートで1位にランクインして以来、10月初頭号まで1位にとどまり続けるなど、約160万枚を売り上げるさだまさしにとって最大のシングルヒット曲となった。

しかし、同時に「関白宣言」は、さだまさしにやっかいな問題を持ち込む曲ともなった。

1973年にフォークデュオ、グレープでデビューして「精霊流し」「無縁坂」などをヒットさせ、76年にソロとなってからも「雨やどり」「案山子」などロマンティシズムあふれる曲を発表し、抒情フォークの旗手としてクローズアップされていった。「関白宣言」は、そんなさだまさしのイメージを大きく覆す曲だった。

1979年8月27日、さだまさし「関白宣言」が5週連続でオリコン1位を獲得~女性蔑視の歌なのか?

「関白宣言」が発表される前年の1978年には、庄野真代の「飛んでイスタンブール」、渡辺真知子の「かもめがんだ日」などがヒットし、〝翔んでる女〟が流行語になるなど、1960年代に世界的に台頭したウーマンリブ運動に刺激を受けた女性の意識の高まりが、日本でも一般に浸透していった時代だった。歌謡曲の世界でも、山口百恵の「イミテイション・ゴールド」(77年)、「プレイバックPart2」(78年)など、強い意思を感じさせる女性の歌が脚光を浴びていった。


さだまさしのプロフィールを見る
1242.comの記事をもっと見る 2019年8月27日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「さだまさし + Instagram」のおすすめ記事

「さだまさし + Instagram」のおすすめ記事をもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。