静岡駅「黒はんぺんフライサンド」(450円)~静岡ならではのサンドイッチ駅弁!

【ライター望月の駅弁膝栗毛】

静岡駅「黒はんぺんフライサンド」(450円)~静岡ならではのサンドイッチ駅弁!

373系電車・特急「ふじかわ」、東海道本線・興津~清水間

静岡~甲府間を2時間あまりかけ、東海道本線・身延線経由で結ぶ特急「ふじかわ」号。
3両編成のうち、1号車と2・3号車の車端部が指定席、2・3号車は自由席で、静岡駅では主に名古屋・新大阪方面の東海道新幹線「ひかり」号と接続するダイヤが組まれています。
なお、静岡~富士間は進行方向が逆になるため、下り列車では予めリクライニングシートが逆向きに設定されているのも特徴の1つです。

静岡駅「黒はんぺんフライサンド」(450円)~静岡ならではのサンドイッチ駅弁!

黒はんぺんフライサンド

静岡のご当地食材と言えば、静岡おでんでおなじみの「黒はんぺん」!
全国的に、はんぺんは「白」が常識ですが、静岡県民にとって、はんぺんは「黒」が常識。
この黒はんぺんをフライにし、食パンにはさんだ「黒はんぺんフライサンド」(450円)が、静岡駅弁の「東海軒」によって、製造・販売されています。
まさに、静岡ならではのサンドイッチ駅弁と言っても過言ではありません。

静岡駅「黒はんぺんフライサンド」(450円)~静岡ならではのサンドイッチ駅弁!

黒はんぺんフライサンド

富士山が描かれ、静岡の方言で“とても美味しい”を意味する「ばかうまい」と書かれた帯を外すと、黒はんぺんのサンドイッチが4切れ、現れました。
「黒はんぺん」は静岡市や焼津市の海沿いの地域を中心に生産されており、サバやイワシの身をすりつぶし、茹で上げて作られます。
はんぺんと名乗っていますが、全国的に見れば“つみれ”に近い食感が特徴です。

(参考)静岡県水産技術研究所ホームページ


あわせて読みたい

1242.comの記事をもっと見る 2019年9月5日のグルメ記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

グルメニュースアクセスランキング

グルメランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

トレンドの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

SNSで話題のグルメなどおいしい情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら