デジタルネイティブ世代のティーンは、超クール?!

【しゃベルシネマ by 八雲ふみね 第694回】

さぁ、開演のベルが鳴りました。支配人の八雲ふみねです。シネマアナリストの八雲ふみねが観ると誰かにしゃベりたくなるような映画たちをご紹介する「しゃベルシネマ」。

今回は、9月20日に公開された『エイス・グレード 世界でいちばんクールな私へ』を掘り起こします。

デジタルネイティブ世代のティーンは、超クール?!

4館から1084館へ~ミラクルヒットを記録した青春ストーリー

日本で“団塊世代”や“ゆとり世代”といった世代を表す言葉があるように、海外では“ジェネレーションX” “ジェネレーションY”という表現があります。

そのなかでも、いまもっとも注目されているのが、1990年代後半~2000年代にかけて生まれた“ジェネレーションZ”と呼ばれる世代。映画『エイス・グレード』は、主人公の少女ケイラを通して、“ジェネレーションZ”世代のリアルを描いた青春ドラマです。

デジタルネイティブ世代のティーンは、超クール?!

中学校卒業を1週間後に控えた少女・ケイラは、「クラスで最も無口な子」に選ばれてしまう。待ち受ける高校生活に不安を覚えた彼女は、SNSを駆使してクラスメイトとつながろうとするが、うまく行かない。人気者のケネディは冷たいし、好きな男の子にアプローチする方法もわからない。

おまけに、やたらとお節介を焼いて来るパパは、ウザくて仕方がない。それでも不器用な自分を変えようと奮闘するケイラだったが…。

デジタルネイティブ世代のティーンは、超クール?!

メガホンを取ったのは、YouTuber出身の人気コメディアン、ボー・バーナム。これが初監督作品となる本作は、バーナム監督自身の経験を元に企画されたもの。それが『レディ・バード』などを手がけた製作陣の目に留まり、映画化が実現しました。


あわせて読みたい

1242.comの記事をもっと見る 2019年9月22日の芸能総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

芸能総合ニュースアクセスランキング

芸能総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

芸能の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

話題の芸能人のゴシップや噂など最新芸能ゴシップをお届けします。俳優やタレントやアイドルグループなどの情報も充実。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら