ラグビー元日本代表・伊藤剛臣~神戸製鋼入りを決めた平尾誠二のカッコイイ一言

黒木瞳がパーソナリティを務める番組「あさナビ」(ニッポン放送)に、ラグビー元日本代表の伊藤剛臣が出演。ラグビーの素晴らしさについて語った。

ラグビー元日本代表・伊藤剛臣~神戸製鋼入りを決めた平尾誠二のカッコイイ一言

第56回日本ラグビーフットボール選手権大会兼トップリーグ総合順位決定トーナメント決勝、18季ぶりの優勝で平尾誠二の遺影を手に表彰式に臨む前川鐘平(2018年12月15日撮影)(平尾誠二-Wikipediaより)

黒木)今週のゲストはラグビー元日本代表、伊藤剛臣さんです。伊藤さんは日本代表として、数々の国際大会に出場されたトッププレーヤーでしたけれども、そもそもラグビーを始めたきっかけをお伺いしたいです。高校時代は野球やバスケットをやっていらしたということですが。

伊藤)家が柔道の道場を開いていました。

黒木)柔道をやっていらしたのですか?

伊藤)柔道と少年野球をやっていましたね。中学校では柔道部と野球部がなかったものですから、兄がやっていたバスケットボール部に入りました。高校は神奈川県の法政二高に入学したのですが、その当時の法政二高はスポーツが盛んで、野球をやろうと硬式野球部に入りました。周りは猛者ばかりですよ。いままで大きなバスケットボールを扱っていたので、野球の小さなボールは扱えないことに気が付いて、無理だと思い、野球部を辞めました。そうして落ち込んでいるときに、学校の担任の先生と父親からラグビーを勧められました。

黒木)ラグビー部はあったのですか?

伊藤)ラグビー部はありました。野球をさせてもらって、柔道もして、バスケットボールもして、全部がラグビーにつながりましたね。やはりバスケットボールもよく走ってシュートをして、パスをして。柔道も1対1で戦うので、ラグビーをやる準備は完全にできていました。


あわせて読みたい

気になるキーワード

  1. ラグビー W杯
  2. ラグビー 日本代表
1242.comの記事をもっと見る 2019年9月24日のスポーツ総合記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

「ラグビー + W杯」のおすすめ記事

「ラグビー + W杯」のおすすめ記事をもっと見る

「ラグビー + 日本代表」のおすすめ記事

「ラグビー + 日本代表」のおすすめ記事をもっと見る

次に読みたい関連記事「ボクシング」のニュース

次に読みたい関連記事「ボクシング」のニュースをもっと見る

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

スポーツ総合ニュースアクセスランキング

スポーツ総合ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

スポーツの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

試合結果、選手の裏話、ゴシップ、注目のスポーツイベント情報などスポーツ好き情報をお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら