イギリスのEU離脱~ポイントとなるのは「関税同盟」と貿易

ニッポン放送「飯田浩司の OK! Cozy up!」(10月21日放送)にジャーナリストの須田慎一郎が出演。イギリスのEU離脱問題について、「関税同盟」をキーワードに解説した。

イギリスのEU離脱~ポイントとなるのは「関税同盟」と貿易

英中部マンチェスターでの与党保守党大会で演説するジョンソン首相=2019年10月2日(ロイター=共同) 写真提供:共同通信社

イギリス首相、EUに離脱期限延期を求める~「延期しないほうがいい」という書簡も

イギリス議会下院は19日、政府とEUが合意した離脱協定案の採決を先送りすることを決め、ジョンソン首相は10月31日としていた離脱期限を延期するよう、EUに要請する義務を負うことになった。これによりジョンソン首相はEUに離脱期限の延期を求める手紙を送ったものの、署名はしていない。

飯田)書簡2通を送ったということで、延期を求める書簡には署名をしなかったのですが、もう1つ、自らの考えを明記した書簡には署名があったそうです。

須田)「10月31日までに離脱した方が、イギリスとEUにとって共にハッピーになる」のだと。そのような文言も添えたということです。法律には逆らわないけれども、自分のスタンスを明確にしたということだろうと思います。それを受け取った方も、「ジョンソン首相は延期するつもりはまったくないのだ」と受け止めたということで、またイギリス議会が揉めることになります。

イギリスのEU離脱~ポイントとなるのは「関税同盟」と貿易

「関税同盟」というキーワード

須田)あまり日本のメディアは取り上げませんが、「関税同盟」というキーワードをしっかり理解していただきたいのです。どこが揉めているのかというと、そもそもEUとはある種の関税同盟を結んでいる国々なのです。関税同盟というのは、その国々の間では関税はかからないのですが、EU域内が問題なのではなくて、EU以外の国との関税がどうなるのかというところが1つのポイントです。例えばTPPと比較するとわかりやすい。TPPを結ぶと、その域内は関税がゼロになったり、低い税率が適応されたりするわけです。EUのメンバー国は、他国と関税に関する協議をするときどうするかと言うと、個別にやります。だから日本はEU域内の国や、外の国とやるときには個別にやります。しかし、関税同盟をやると個別にはできないのです。


あわせて読みたい

1242.comの記事をもっと見る 2019年10月21日の政治記事
「イギリスのEU離脱~ポイントとなるのは「関税同盟」と貿易」の みんなの反応 1
  • 言い過ぎて委員会 通報

    辛坊治郎さんの『言い過ぎて委員会』に出演する須田慎一郎さんは,かつて番組で「須田さんは生まれたときから大人」と呼ばれたことがあるらしい(笑)。

    0
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

政治ニュースアクセスランキング

政治ランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

国内の人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

国内の政治情報、首相、内閣、大臣、国会、選挙などの気になる最新ニュースをお届け中。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら