自身の疑惑から目を逸らすための無理筋なトランプ流政策~パリ協定離脱など次々に

ニッポン放送「ザ・フォーカス」(11月6日放送)に作家・ジャーナリストの河合雅司が出演。米・トランプ大統領の政策や疑惑について解説した。

自身の疑惑から目を逸らすための無理筋なトランプ流政策~パリ協定離脱など次々に

米ケンタッキー州の選挙集会で演説するトランプ大統領=2019年11月4日(ロイター=共同) 写真提供:共同通信社

トランプ大統領、ピンチ? ウクライナ支援問題、EU大使の証言など公開される

トランプ政権がウクライナへの軍事支援の条件として、ウクライナ企業と関係するとされる民主党のバイデン前副大統領の調査を求めていた疑惑で、アメリカ下院委員会は、実際の裏付けとなる駐EU大使のゴードン・ソンドランド氏の証言や文書などの記録を公表した。ソンドランド氏は9月にウクライナ政府高官と面会し、「バイデン氏を調査しないと支援は再開しないだろう」と述べた。

森田耕次解説委員)トランプ大統領のウクライナ疑惑をめぐる弾劾調査がアメリカの下院で進んでいるのですが、アメリカの下院の委員会はソンドランドEU駐在代表部大使ら2人の非公開宣誓証書の記録を公表しました。これに先立ってソンドランド氏は10月に行った表現を修正しまして、ウクライナへの軍事支援凍結の解除のためウクライナに対して汚職捜査開始の明言という見返りを要求したことを認めております。トランプ政権はウクライナ当局に、政敵でもある民主党のバイデン前副大統領周辺の捜査を求めていまして、軍事支援を盾にスキャンダル探しを要求していた実態が改めて鮮明になった形です。修正された証言によりますと、ソンドランド氏は9月1日にポーランドでウクライナのゼレンスキー大統領の側近に会って、「トランプ大統領が求めている汚職対策への取り組みを表明する声明を発表して欲しい。そうしないと軍事支援の再開はあり得ない」と伝えたということです。ソンドランド氏は10月に「見返りについては知らなかった」と証言をしていたのですが、他の政府高官がこれに反する証言を続けていたので、偽証罪になる恐れを回避するために証言を修正したと見られています。来年2020年の大統領選まで1年を切っていまして、FOXニュースが行った世論調査だと、トランプ大統領の弾劾訴追を支持する人が49%で反対の41%を上回っているのですが、この動きをどうご覧になっていますか?


あわせて読みたい

1242.comの記事をもっと見る 2019年11月8日のライフスタイル記事
この記事にコメントする

\ みんなに教えてあげよう! /

トピックス

今日の主要ニュース 国内の主要ニュース 海外の主要ニュース 芸能の主要ニュース スポーツの主要ニュース トレンドの主要ニュース おもしろの主要ニュース コラムの主要ニュース 特集・インタビューの主要ニュース

ライフスタイルニュースアクセスランキング

ライフスタイルランキングをもっと見る

コメントランキング

コメントランキングをもっと見る

コラムの人気のキーワード一覧

新着キーワード一覧

このカテゴリーについて

生活雑貨、グルメ、DIY、生活に役立つ裏技術を紹介。

通知(Web Push)について

Web Pushは、エキサイトニュースを開いていない状態でも、事件事故などの速報ニュースや読まれている芸能トピックなど、関心の高い話題をお届けする機能です。 登録方法や通知を解除する方法はこちら。