俳優の堤真一が主演を務めるドラマ『妻、小学生になる。』(TBS系/毎週金曜22時)の第4話が11日に放送され、森田望智扮する“守屋さん”が圭介(堤真一)を意識し始める様子に、ネット上には「意識してる~かわいい」「可愛すぎて推せる」といったコメントが多数寄せられた。

【写真】守屋(森田望智)&圭介(堤真一)、おそろいエプロン姿で急接近 『妻、小学生になる。』第4話より

 4日放送の第3話の中で、万理華(毎田暖乃)から「圭介おじちゃんのこと好きなんですか?」と聞かれ、あからさまに取り乱しつつ「え? え? なんで?」と取りつくろっていたのは、圭介の会社の上司でもある守屋(森田望智)。

 第4話の序盤では、守屋が圭介に会社の試食会で出す料理の試作品を味見してもらおうと持ってくる様子が描かれた。守屋は圭介に親しげにあいさつしつつも、万理華の言葉を思い出すと紙袋で顔を隠し「意識してしまうではないか!」と独り言をつぶやく。この守屋の姿に、ネット上には「守屋さんメイク濃いのかわいい」「守屋さん少しメイク濃くない、、?意識してる~かわいい」などの声や「言い方好き!かわいい」「守屋さん可愛すぎて推せる」といった投稿が相次いだ。

 また第4話の中盤では、守屋が圭介に卵焼きの作り方を教える様子も描かれた。不器用ながらも一生懸命に卵焼きを作る圭介の姿に見入ってしまう守屋の様子や、1人になった守屋が「ん~やばいぞこれは!」と気持ちを自覚する姿に、ネット上には「これは好きになっちゃうよ」「守屋さん、どんどん圭介のこと好きになっちゃう」「完全に惚れてるな」などの投稿が集まった。守屋を演じる森田の演技についても「本当にこのドラマの森田望智さん好き」「可愛らしい姿が新鮮」「森田さんのこんな、普通な女の子な役見たかった」といった反響も寄せられている。