アニメ「名探偵コナン」劇場版シリーズ最新作『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』より、警察学校組5名のウェディングビジュアルが解禁された。

【写真】劇場版『名探偵コナン』新一×蘭&高木×佐藤のウェディングビジュアル

 『名探偵コナン』劇場版第25弾となる本作では、ハロウィーンシーズンでにぎわう渋谷を舞台に、過去に事件を起こした連続爆弾犯や謎の仮装人物と衝突。さまざまな運命が絡み合う中、にぎやかな渋谷の街で未曾有の大事件が発生する。
 
 メインキャラクターとして降谷零(警察庁警備局警備企画課所属=降谷零、黒ずくめの組織=バーボン、探偵=安室透のトリプルフェース)、降谷と警視庁警察学校鬼塚教場での同期であり、既に過去の事件で殉職している松田陣平、萩原研二、諸伏景光、伊達航の<警察学校組>が劇場版で躍動。さら高木刑事と佐藤刑事の恋模様も描かれる。

 今回解禁となったのは、降谷零、松田陣平、萩原研二、諸伏景光、伊達航の警察学校組5名のウェディングビジュアル。降谷は白のジャケットとパンツに水色のネクタイとベストを合わせ、気品のあふれるタキシード。松田は紺のセットアップのクールな装いで、かわいらしいピンクの花がアクセントに。萩原は全体を淡いブルーで統一し、スタイリッシュでさわやかなコーディネイト。諸伏はパステルパープルに白のベストで柔らかく、上品な雰囲気に。伊達は緑のジャケットに黒のパンツを合わせ、シックで男らしい装いを披露。それぞれ個性的なタキシードを身にまとった、華々しく豪華なビジュアルに仕上がった。

 なお、このビジュアルは本編には出てこない、プロモーション用ならではの激レアビジュアルとなっている。

 さらに、声優キャスト陣から、アフレコ直後のコメントも到着。降谷零役の古谷徹は「警察学校組が現代の事件と劇場版でどう関わるのか、想像もつきませんでしたが、見事な連携プレイが描かれて最高のエンターテイメント作品になりました」と、警察学校組の大活躍を予感させるコメントを寄せ、伊達航役の東地宏樹は「その日出番なしのはずのみなみさんが、収録前に差し入れを持って来てくれたのです!! 感動」と江戸川コナン役の高山みなみとのエピソードを明かし、現場のチームワークの良さを伺わせた。

 アニメ映画『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』は、4月15日より公開。

 声優キャスト陣のコメント全文は以下の通り。

<コメント全文>
【古谷徹 (降谷零、安室透 役)】
予告編の収録からとても楽しみにしていた『ハロウィンの花嫁』、警察学校組が現代の事件と劇場版でどう関わるのか、想像もつきませんでしたが、見事な連携プレイが描かれて最高のエンターテイメント作品になりました。制作期間が1年増えたおかげでアフレコにもたっぷり時間をかけることが出来、誰もが納得の完成度に仕上がっています。今回も降谷零というスキルの高いキャラはとても演じ甲斐がありました。

神奈延年 (松田陣平 役)】
こうして劇場版でまた松田陣平に会えたことに感謝いたします!
しかも今回は警察学校組全員との初共演!? なんだか不思議な感覚ですが、アフレコ前から
ずっと心地よい緊張感が続いていました。今回もとてもスケールの大きな作品になっています。
コナンくん、少年探偵団の活躍はもちろんなのですが、警察学校のメンバーにもご期待ください!

三木眞一郎 (萩原研二 役)】
スペシャルの、しかもアバンだけでしか会えなかった萩原と、再び再会するチャンスをいただけたコト、本当に嬉しく、有り難かったです。本当に感謝しかありません。ぜひ、多くの方に警察学校の仲間たちの活躍を、みていただきたく思います。

緑川光 (諸伏景光 役)】
いやぁ~、待ちに待った我々警察学校組の出番!(笑) 凝縮されたシーンに、5人の仲の良さとツーカーっぷりが発揮されてて、とても満足でした♪ 贅沢を言えば、もっともっと活躍を見たいところではありますが、皆んなが生きてる間のエピソードには限りがありますからね(苦笑)。とにかく、警察学校組箱推しの方々には喜んで貰えると思いますので、是非楽しみにしてて下さいませ(^‐^) この映画が大ヒットして、また演じる機会が有りますように。

【東地宏樹 (伊達航 役)】
警察学校組全員集まれての収録でした! それだけでも貴重で嬉しかったのに、なんと、その日出番なしのはずのみなみさんが、収録前に差し入れを持って来てくれたのです!!感動。その思いに応えるべく、そして、藤原さんの代わりに伊達を担当すること、警察学校編のファンが多いこと、重責はありましたが、楽しく収録させていただきました。またなんらかの形で登場出来たら、嬉しいかぎりです!