『DCU』第7話 水上バイク爆発事故に“成合”吉川晃司の影が
拡大する(全1枚)
日曜劇場『DCU』第7話より

 俳優の阿部寛が主演する日曜劇場『DCU』(TBS系/毎週日曜21時)の第7話が6日の今夜放送される。

【写真】水上バイク爆発事故の謎を追う新名(阿部寛)と瀬能(横浜流星) 『DCU』第7話場面カット

■第7話あらすじ

 心臓病の娘のために那由(明日海りお)がプロデュースした、リモートダイビングVRのお披露目イベントが病院で開かれていた。東都重工と共同開発した技術に大興奮の子どもたち。元カノ・玉井千英(鷲見玲奈)の入院中の息子を見舞った大友(有輝)もこのイベントに参加し穏やかな時間を過ごしていた。

 だが事態は一変、海中のリモートカメラが何かに乗っ取られてしまう。同時刻、DCU本部には沖合で一隻の水上バイクが爆発したとの報告が入った。船着場の映像には水上バイクに乗り込む成合(吉川晃司)の後ろ姿が映っており、新名(阿部寛)はなんとか動揺を隠す。

 爆発物の破片を回収した結果、那由のリモートダイビングVRで使用されているカメラとの関連が発覚。水族館で起こった殺人事件がキッカケで、那由と成合がつながっていることを掴んでいた新名は、再び那由に接触を図る。

 リモートダイビングVRの開発を指揮し、瀬能(横浜流星)の父を知る笠原英伍(岡田浩暉)にも協力を仰ぎ捜査に乗り出すDCUメンバーたち。だが、事件は病気の子どもたちを巻き込んだ想像もつかない事態へと発展してしまう。

 日曜劇場『DCU』は、TBS系にて毎週日曜21時放送。