3月28日配信開始となるNetflixシリーズ『テルマエ・ロマエ ノヴァエ』より、津田健次郎演じる主人公ルシウスが、日本人にはおなじみのお風呂文化に激しくカルチャーショックを受けまくる連続リアクション映像が解禁された。

【動画】『テルマエ・ロマエ ノヴァエ』“ルシウス”リアクション映像

 本作は、ローマ帝国で浴場技師として伸び悩む青年ルシウスを主人公に、ある日、タイムスリップした先の現代日本で知ったお風呂にまつわるさまざまなアイデアを次々とローマへ持ち帰り、人気の浴場技師となっていく過程を描く、タイムスリップお風呂コメディ。

 ローマ帝国で浴場技師として働く実直な男ルシウスは、ある日、“アイデアが古い”と言われ、窮地に。悩みに悩むうち、公衆浴場の不思議な大きな穴に吸い込まれてしまう。そして流れ着いた先は現代日本の銭湯だった…。

 映像の中でまずルシウスは、早速何の変哲もない銭湯の一枚板の鏡を見つけると、「なんという文明度の高さだ…」と衝撃を受け、おなじみの富士山の壁画にも驚きが止まらない様子。

 また、一般家庭のお風呂にタイムスリップしたルシウスは、緑色のシャンプーハットから偉い族長が着けるような冠を連想したり、お風呂用ブーツを一生懸命触ってみたりと、初めて目にする“お風呂の便利グッズ”への驚きと探求心が全開。

 さらには浴衣やバスローブをローマ帝国流?に肩出しスタイルで着こなす姿など、お風呂文化への連続リアクションシーンが映し出される。

 そしてルシウスをさらなる驚きと興奮で包むのは、お風呂や温泉とは切っても切れない“日本の食文化”だ。温泉卵やラーメン、ビールなどを次々と堪能し、風呂上りのフルーツ牛乳には「この甘味が夢見心地にさせてくれる!!!!」とあまりのおいしさに取り乱して大絶叫。そしてトイレの温水洗浄便座には、「人生で初めての感覚だ…」と想像を絶する気持ちよさに文字通り昇天する。「テルマエ・ロマエ」の真骨頂とも言えるルシウスの魅力がたっぷり詰まった爆笑映像となっている。

 Netflixシリーズ『テルマエ・ロマエ ノヴァエ』は、Netflixにて3月28日より全世界独占配信。