テレビアニメ『SPY×FAMILY』(テレビ東京系/毎週土曜23時ほか)のエンディング主題歌を担当する星野源の楽曲「喜劇」を使用したエンディングアニメ映像が公開。併せて、第3話「受験対策をせよ」に合わせた描き下ろしビジュアルも解禁された。

【動画】アーニャの幸せそうな夢 『SPY×FAMILY』エンディング主題歌アニメ映像

 エンディングアニメ映像の絵コンテ・演出は、『シン・エヴァンゲリオン劇場版』でキャラクターデザイン・総作画監督、『ダーリン・イン・ザ・フランキス』『THE IDOLM@STER MOVIE 輝きの向こう側へ!』で監督を務めた錦織敦史が担当。作品の「ハートフル」な一面が夢見るアーニャを中心に描かれ、エンディング主題歌「喜劇」で表現される詞の世界観、楽曲のリズムにシンクロナイズした映像となっている。

 23日23時に放送されたMISSION:3「受験対策をせよ」に合わせた描き下ろしビジュアルも解禁。花見をするフォージャー家の3人の楽しそうな雰囲気が印象的なデザインだ。

 また、7月20日発売の『SPY×FAMILY』Blu‐ray&DVD Vol.1初回生産限定特典のSPECIAL DISC(DVD)に収録される朗読劇「SPY×FAMILY ~Stage Reading~」の内容がMISSION 3「受験対策をせよ」に決定。法人特典の描き下ろしイラストも公開された。

 本作は、集英社「少年ジャンプ+」にて連載中のスパイ×アクション×特殊家族コメディ漫画を原作としたテレビアニメシリーズ。すご腕スパイの<黄昏(たそがれ)>が、新たな任務のため、かりそめの家族と新生活を営む様子を描く。原作は数々の漫画賞に輝き、最新コミックス9巻までのシリーズ累計発行部数1500万部を突破している。

 テレビアニメ『SPY×FAMILY』は、テレビ東京系6局ネットほかにて毎週土曜23時より順次放送。