今夜4月28日21時放送される木村拓哉主演ドラマ未来への10カウント』(テレビ朝日系)の第3話では、ボクシング部唯一の女子部員・水野あかり(山田杏奈)を危機から救うため、桐沢(木村)がついに立ち上がる。山田の熱演を捉えたシーン写真も公開された。

【写真】複雑な家庭環境に悩むあかり(山田杏奈)

 本作は、木村演じる、生きる希望を完全喪失している男・桐沢祥吾が、図らずも高校ボクシング部のコーチになったことで徐々に熱を取り戻し、再生していくさまを描く青春スポーツ・エンターテインメントドラマ。

 先週放送された第2話では、桐沢が松葉台高校の非常勤講師となり、ボクシング部のコーチを続けることも正式に決定。桐沢と顧問・折原葵(満島ひかり)は弱小ボクシング部と一つになり、2ヵ月後のインターハイ予選に出場し、強豪・京明高校を倒すという無謀ともいえる目標に向かって走り出すことに。臨時コーチ就任時は完全に後ろ向きだった桐沢の心にも変化が訪れ、本格的な指導を開始。世代を超えた青春群像劇は大きく前進し始めた。

 そんな中、第3話では新たな問題が発生。山田演じる唯一の女子部員・水野あかりが、ボクシング部を辞めると言い出し…。

 あかりのことを心配する桐沢は、生徒のプライベートな問題には関わらないよう学校サイドからくぎを刺され、悩んだ末ある行動に。網膜剥離でボクシングを断念、さらには最愛の妻(波瑠)に先立たれるなど、さまざまな辛い経験をしてきた桐沢だからこそ、思いついた秘策…それは、とんでもなく型破りな“リングの上の特別授業”。

 あかりの家庭環境は複雑。母・響子(吉沢梨絵)はあかりの父の死後、銀行員・今宮智明(袴田吉彦)と再婚したものの離婚。その今宮が最近、家に押しかけては響子に復縁を迫り、時には暴力も振るっていた。

 しかし、あかり本人はそんな闇深い事情を自ら語ることなく、ただただ「ケンカで勝てるボクシングを教えてください。インターハイとかどうでもいい。私は強くなれればいい」と訴え、桐沢に別メニューの指導を要求。桐沢と葵から却下されるや、「ボクシング部をやめる」と宣言し、練習場から飛び出してしまう。闇と力強さが同居する思い詰めたまなざしで、ことあるごとに「強くなりたい」と口にし、男子部員も顔負けの熱量でボクシングと向き合っていた彼女が、いったいなぜ…。今夜、あかりの内なる苦悩、そして「強くなりたい」理由がすべて明らかになる。

 第3話の放送に向け、気になるシーン写真も公開。そこには、桐沢があかりの頭にそっと手を添える姿、射抜くような瞳で桐沢の親友・甲斐誠一郎(安田顕)が経営するボクシングジムのリングに立つあかり、そして袴田吉彦が体現する、あかりの義父のクズっぷりがにじみ出る立ち姿が写し出されている。

 木曜ドラマ『未来への10カウント』は、テレビ朝日系にて毎週木曜21時放送。