日曜劇場『マイファミリー』(TBS系/毎週日曜21時)でジャニーズ事務所の先輩・二宮和也ドラマ初共演を果たしている、ジャニーズJr.の人気ユニット・美 少年の那須雄登。実はジャニーズに入る前からファンクラブに入っていたほどのファンだという。そんな憧れの先輩との共演への思い、また現在、初の単独アリーナツアー中など、躍進を遂げる美 少年としての今後の目標などを明かしてくれた。

【写真】『マイファミリー』第4話 新章突入! “温人”二宮和也にとんでもない困難が襲いかかる 

◆初の日曜劇場出演に、美 少年メンバーからも反響

 『グランメゾン東京』(2019年)、『TOKYO MER~走る緊急救命室~』(2021年)などを手掛けた黒岩勉のオリジナル脚本となる本作は、時代の寵児ともてはやされるゲーム会社の社長・鳴沢温人(二宮)とその妻・未知留(多部未華子)が、娘・友果(大島美優)の誘拐事件を通して家族の絆を試される姿を描く“ノンストップファミリーエンターテインメント”。

 那須は本作が初の日曜劇場への出演となるが、周りの反響を問うと、「2話は家族みんなで見ることができて。やっぱり犯人が気になるようで聞かれますが、僕も誰が犯人なのか知らないので、一緒に考えながら見ていました」と照れ笑いしながら告白。

 また、美 少年のメンバーからもリアクションがあったそうで、「すごくうれしいですね。(岩崎)大昇は『1話面白いよ』って言ってくれて。また(佐藤)龍我からは『洗顔シーン見たよ』とメッセージがきましたし、浮所(飛貴)と金指(一世)は恵比寿駅で『マイファミリー』の看板を発見したらしくて、その写真を送ってくれました(笑)。藤井(直樹)くんにはまだ会えてないんですけど、見てくれてると思います」とニッコリ。

 岩崎も現在放送中の『金田一少年の事件簿』(日本テレビ系)に出演中だが、「同じクールのドラマにメンバーそれぞれ出演させていただけるのは、すごくありがたいことだと思います」としみじみと明かし、「大昇とは『それぞれの現場で頑張ろうね』と話しました」と笑顔を見せる。

玉木宏の佇まいからたくさんのことを学ぶ
 
 今作では、誘拐事件を担当する神奈川県警捜査一課・特殊犯対策係の新人刑事の梅木司を演じている那須。役について聞くと「仕事への熱量はありますが、どこか空回りしがちで、若干空気が読めないところもあって。『~ですよね』じゃなくて『~っすね』と言うなど、イマドキな男子感満載です」と口にし、「友達にいる分には全然いいですが、仕事では上司にもう少ししっかりしてもいいんじゃないかと思われてそう」と苦笑い。

 梅木は玉木宏演じる上司の葛城圭史と行動を共にすることが多いが、「撮影が始まる前に『初めての警察役で…』と監督さんにお伝えしたら、『玉木さんの佇まいを見ていれば、きっと何かつかめるはず』という言葉を頂いて。実際に現場が始まって玉木さんと一緒にお芝居すると、玉木さんが葛城さんとしてそこに存在していらっしゃるので、共演すればするほど、僕も自分の役がどんどんしっくりしてきたんです。玉木さんは本当にすごい役者さんだと思います」と感慨深い様子。「現場の雰囲気はすごい穏やか。玉木さんは武術をやられているので、その柔術のお話だったり、ご親交のある岡田准一くんの話だったり、いろんなお話をさせてもらっていて、すごく仲良くさせてもらっています」と声を弾ませながら語る。

◆二宮和也の役に入る瞬発力のすごさを実感

 主演の二宮とはジャニーズの先輩・後輩という間柄だが、「うちは家族みんなが嵐さんのファン。ファンクラブにも入っていて、プライベートでライブにもよく行っていたんです」と明かすように、小さい頃から嵐が好きだったという那須。二宮との共演を聞いたときは「めちゃくちゃうれしかったです! もうワクワクドキドキでしたね。あの頃の自分に言っても多分信じないと思います。本当にすごいことですよね」と興奮気味に明かし、「『山田太郎ものがたり』(2007年・TBS系)など、二宮くんの作品もいろいろ見ていました」と打ち明ける。

 二宮との現場での会話を問うと、「がっつり共演するのは今回が初めてだったので、ジャニーズに入った経緯や家族構成とか、そんなことを聞いていただきました。お芝居に関することも聞きたいのですが、ズケズケ聞いてもいいのかなと思ってまだ聞けていないのと、最近は一緒のシーンがなくて。なので次会った時は、絶対に『台本読んで何をされてるのか』『撮影の当日、何を持ってメイクされているか』など、細かいことをいっぱい聞きたいです」と意欲を見せる。

 また、二宮との共演を「二宮くんのお芝居を間近で見られると思ってなかったので、今は毎日うれしいです」と声をはずませながら明かし、「先輩がいると安心感がありますし、それでいてやっぱりすごいと思うことがたくさんありますね。二宮くんは、役に入る瞬発力が本当にすごくて。カメラが回ってないときはバラエティーで見るような感じで現場を盛り上げて和ませつつ、いざ本番が始まるとスッと役に入られます。また、セリフを喋ってるのではなくて、本当に会話している感じがして。お芝居のナチュラルさがすごいです。本当にかっこいいです」と尊敬の念を熱く語る。

 慶應義塾大学に通う那須。嵐の櫻井翔とは同じ大学という縁で仲がよいが、「櫻井くんには、僕の20歳のお祝いを兼ねてお食事に連れていってくださったときに(ドラマ出演を)報告させていただきました。『頑張ってね。見るね』とおっしゃっていただき、本当にうれしかったですね」とニッコリ。

 また、相葉雅紀とは『嗚呼!!みんなの動物園』(日本テレビ系)で共演したり、松本潤には美 少年のパフォーマンスのアドバイスをしてもらったりと、嵐のほかのメンバーとも交流があるが、「嵐の皆さんは、温かさがあって、本当に人としてかっこいいんです。器も大きくて、本当にスーパースターだと思います。今こうやって一緒にお仕事をさせてもらえるのは、本当に夢みたいなことだなと思っています」と憧れの人たちとの共演に感謝していた。

◆役者業にも貪欲「悩むこともあるけど、ベースは楽しい、うれしい、やりたい」

 ここ数年は役者としてもいろいろな作品に出演しているが、芝居への思いを聞くと、「お芝居は本当にやりたいんです」と力強く答え、「一昨年ようやく演技のお仕事をもらえて、今はちょっとずつちょっとずつ増えている段階ですごくうれしくて。悩むことももちろんたくさんありますが、ベースは楽しい、うれしい、やりたいという思いが強いです」と目を輝かせる。

 何度も作品を見返して自身の芝居を確認しているそうで、「『やっぱりここをもっとこうしたい』『もっとこうすれば良かった』という気持ちがどんどん出てきますね」といい、「作品は教科書のようで。今回の作品はすごい方々が集まっているので、せっかくだからと思って何回も細かく見てます」と勉強熱心な面を打ち明ける。

 アイドル、役者として活躍する傍ら、学業にも邁進している那須。両立は大変だと思うが、「ジャニーズに入ったのが中3で、高校の時が1番きつかったですね。今は大学3年生。学生でいられる時間はあと2年と限られているので、その時間は大切にしたいです。今は全力でレポートを書いていますが、気合いで乗り切ります」と言い、「休みの日に友達が一緒にどっか行ってくれるとリフレッシュできて。こうやってできているのは友達のおかげで、本当に助けてもらっています」と学友の存在にも助けられているという。

 今後の目標を聞くと、「個人としては、どんどん芝居の仕事をやらせていただきたくて。そのためには現場でいろんなことを吸収したり、いろんな作品を見て勉強したりすることが大事だと思っているので頑張ります。グループとしては今念願のアリーナツアーができていますが、東北や九州などまだまだいろんな地方でも公演がしたいですね。いずれ嵐さんのようにドームツアーができるようなグループになりたいです」と意気込んだ那須。本作の梅木としては、「後半、新人っぽさは残しつつ、でも成長していきたい」と語っていたが、新人刑事・梅木のように、俳優、アイドルとして、これからの那須の成長が楽しみだ。(取材・文:高山美穂)

 日曜劇場『マイファミリー』は、TBS系にて毎週日曜21時放送。