5月20日配信開始となる成田凌主演のHuluオリジナル『あなたに聴かせたい歌があるんだ』より、過去に後悔しながら未来と向き合う6人を写した場面写真6点が一挙解禁された。

【写真】人生の分岐点を迎えた者たちのリアルがここに!『あなたに聴かせたい歌があるんだ』場面写真

 本作は、デビュー作『ボクたちはみんな大人になれなかった』(新潮社)がベストセラーとなり、昨年映画化された小説家・燃え殻による映像化のための書き下ろし新作。17歳と27歳に人生の分岐点を迎えた者たちが抱く夢と葛藤、そして後悔を描き、正解が出づらい現代社会を痛々しくもみずみずしく映し出した群像劇だ。主要キャストは、成田のほか、伊藤沙莉、藤原季節、上杉柊平前田敦子田中麗奈

 それぞれ1話ずつ登場人物の17歳からの過去と27歳の現在が描かれる本作。第1話に登場するのは、サラリーマンの荻野智史(成田)。役者になるという夢を諦めきれないまま会社員として働く荻野は、会社の上司に同行したカラオケスナックで衝撃の告白をする。場面写真には、やりたいことを突き詰めることができない毎日にもんもんとしながらも、新たな決意を固める直前の様子が写し出される。

 第2話では、アイドルを夢見て上京する前田ゆか(伊藤)の過去と、28歳になった現在が描かれる。高校時代、自分はアイドルになれる実力があると自信を持っていたゆか。10年ぶりに帰った地元で高校時代一緒にアイドルに憧れ踊っていたみき(木竜麻生)に再会。解禁された写真は、2人の子供を育てながら忙しく生きるみきと、高校時代から時が止まったままのように感じる自分を比較しながら、力なく一点を見つめる様子が写し出されている。

 第3話に登場するのは、小説家志望の片桐晃(藤原)。ある日偶然図書館で出会った中尾あや(見上愛)に一目ぼれした片桐は、何となく生きている日々を何とかしたくて、彼女に向け初めて自分の気持ちを告白。解禁された写真はまさにその瞬間を切り取った場面。そんな2人が出会い、すれ違っていくまでの様子をロマンチックに切なく描く。

 第4話には同級生3人で始めたバンドで武道館公演を目指す中澤悠斗(上杉)が登場。高校卒業後の10年間、27歳まで真剣にバンドをやろうと明るい未来を信じて真っすぐ走り出した中澤と仲間たちのラストライブを写した場面。唯一2話にわたって構成される中澤のエピソードは、第7話で30歳を迎え奇跡が起こる。

 第5話では、高校で教師をしていた頃に、自身のグラビア写真を生徒たちによってさらされた過去を持つ望月かおり(田中)が、東京で派遣社員として働く姿が描かれる。写真には、勤め先の屋上で一人寂しく弁当を食べ、いつもよりうまくできた玉子焼きさえ落としてしまう、いつまでたってもうまくいかない自分の人生にへきえきしている様子が。そんな人生を終わらせようとビルの屋上から飛び降りようとしたその時、小説家・並木翔平(後藤淳平)に出会って―。

 第6話に登場するのは島田まさみ(前田)。高校時代、女性教師に大人への恨みをぶつけてしまったり、卒業後にバイト先の店長と不倫・駆け落ちしたりと、穏やかとは言えない自らの人生を振り返りながら彼女が新しく見つけたことは、人気アイドル・八木今日子のモノマネ芸人。「これだ」と確信できるほど自分にハマるものをみつけることができたまさみが、“七木今日子”としてステージでスポットライトを浴びる姿を写し出す。

 そして第8話では高校の同級生だった荻野、前田、中澤、島田が高校卒業以来そろい、片桐の結婚式へ。そこで彼らは思いがけない人物と遭遇する。

 人生の分岐点―まさにその瞬間、夢の実現を期待し、未来に胸を躍らせていた過去、思い描いていた理想とは違う現実に向き合う表情など6人の物憂げな表情が見どころだ。

 Huluオリジナル『あなたに聴かせたい歌があるんだ』は、Huluにて5月20日より全8話一挙配信。