『インビジブル』第5話 “キリコ”柴咲コウ、失踪 “志村”高橋一生は“逃がし屋”に接近
拡大する(全1枚)
ドラマ『インビジブル』第5話より

 俳優の高橋一生が主演し、女優の柴咲コウと共演する金曜ドラマ『インビジブル』(TBS系/毎週金曜22時)の第5話が13日の今夜放送される。

【写真】キリコ(柴咲コウ)の凛々しいスーツ姿 『インビジブル』第5話場面カット

■第5話あらすじ

 3年前の事件にキリコ(柴咲)は本当に関与しているのか。腑に落ちない志村(高橋)は“インビジブルに頼まれた”と証言した武入(鈴之助)に再び会い、ある確信を得る。

 しかし、その武入が検察への護送中に何者かに連れ去られてしまう。一方、犬飼(原田泰造)は上層部からインビジブルを切るよう指示される。ところが、当のキリコは民宿から行方をくらましていた。

 志村は、鑑識の近松(谷恭輔)の協力で、ハッカーのラビアンローズ(DAIGO)から、重罪犯を逃がして多額の報酬を得る“逃がし屋”の存在を聞き、武入を連れ去った逃がし屋に接近。そしてまた新たに、闇に隠れたインビジブルの影が見えてくる。
 
 金曜ドラマ『インビジブル』はTBS系にて毎週金曜22時放送。