女優の上野樹里が主演するドラマ『持続可能な恋ですか?~父と娘の結婚行進曲~』(TBS系/毎週火曜22時)第5話が今夜17日に放送。杏花(上野)が晴太(田中圭)への思いを募らせる。

【写真】『持続可能な恋ですか?』第5話 杏花(上野樹里)、晴太(田中圭)への思いを募らせる

 本作は、上野演じるヨガインストラクターの主人公・沢田杏花が、松重豊演じる妻に先立たれた父・林太郎と共に、父娘二人で婚活にチャレンジする物語。突如始まった“ダブル婚活”をきっかけに、「誰かと共に生きること」を一生懸命に考える娘と、「第二の人生」へと向かう父の奮闘を描く、オリジナルラブストーリーだ。

■第5話あらすじ

 起業セミナー最後の日、杏花への思いを抑えきれず突然ハグをした晴太。ちょうど帰宅した颯(磯村勇斗)は2人が抱き合うところを目撃してしまう。結局何事もなく別れた二人。杏花は「もう会えないのかな」と晴太への思いを募らせていく。

 そんな中、ヴァネッサ(柚希礼音)からTAMAGAWAサステナブルフェスの仕切りを任された杏花は、陽子(八木亜希子)の服をそのバザーで販売することに。「陽子もその方が喜ぶだろう」と、林太郎(松重豊)も亡くなった妻の服を手放す決心をする。

 訪れたフェス当日、お見合いが終わった林太郎はその足で会場へと向かう。しかしバザーに出す予定がなかった陽子のオレンジのスカーフが手違いでバザーに出品され、すでに買われてしまっていた。このストールには実は、亡き妻・陽子の大切な思い出が詰まっており、ショックを受ける林太郎。杏花や颯、会場に来ていた明里(井川遥)が必死になってスカーフを探すが、果たして。

 そしてそんな父の姿を見て、「会いたい人に会える今」のかけがえのなさに突き動かされた杏花はある場所へと向かう。

ドラマ『持続可能な恋ですか?~父と娘の結婚行進曲~』は、TBS系にて毎週火曜22時放送。