俳優の成田凌伊藤沙莉が19日、都内にて開催されたHuluオリジナルドラマ『あなたに聴かせたい歌があるんだ』配信スタート記念イベントに、藤原季節、上杉柊平前田敦子田中麗奈、萩原健太郎監督と共に出席。成田が、伊藤らと演じた高校生役に「みんないけてました」と自信をのぞかせる一幕があった。

【写真】同級生役を演じた成田凌、伊藤沙莉、前田敦子、藤原季節、上杉柊平が集合

 小説家・燃え殻が映像化のため書き下ろした本作は、17歳と27歳という年に人生の分岐点を迎えた者たちが抱く夢と葛藤、そして後悔を描き、正解が出づらい現代社会を痛々しくもみずみずしく映し出す群像劇。主演の成田が、役者の夢を諦めた平凡な27歳のサラリーマン・荻野智史を演じる。

 同級生役の成田・伊藤・藤原・上杉・前田の5人は、劇中で17歳の高校生として制服姿を披露。感想を聞かれた成田は「いけてたよね? みんないけてました」と自信をのぞかせつつ、「無垢であろうと思いました」と答えた。

 また成田が「自分と季節は騒いでたと思います。歌の歌詞でしりとりをするというゲームをずっとしていました」と明かすと、その様子について伊藤が「すごいリアルでしたよ。こういう男子の遊び聞かされてたな、みたいな。聞いちゃう自分もいるし、みたいな」とリアルな学生生活らしい空気感であったことを振り返った。

 伊藤自身が心掛けたことについては「歳を重ねていくと、より乾燥するんですよ。足とか」と告白。「ピチピチに見えるようにボディクリームを塗ったりしましたね」と打ち明けた。

 さらに同作のストーリーにちなんだ「後悔していること」という話題では、伊藤が「小学生の時にオーディションに行っていて、その時にものまねが自分の中でブームで、長州小力さんと柳原可奈子さんをどのオーディションでもやってたんですよ」と回顧。

 「あるオーディションの時にやって、すごいウケたんです。そしたら2次審査で『もう1回やってあれ』と言われてやったんです。3次審査になった時に『もう1回やって』って言われて、『私ものまね枠で呼ばれてるな』と思ったんですよ。『芝居見てもらってないな』って。それで『やんないぞそんな何回も』って言っちゃったんですよ」と審査員に反発してしまったのだという。

 「そしたら『やらないならいいけどさ』みたいな感じで終わったんですよ。もちろん(オーディションは)落ちたんですけど。普通にやっておけばよかったな、とたまに思い出す。プライドなのか分からないけど『意味がない』と思っちゃってやらなかった。けど、『全然もっと楽しく終わればよかったじゃん』っていう」とたまに思い出す後悔を口にしていた。

 Huluオリジナル『あなたに聴かせたい歌があるんだ』は、Huluにて5月20日より全8話一挙独占配信。