ディズニー&ピクサーの大ヒットシリーズ『トイ・ストーリー』のキャラクター、バズの原点を描く映画『バズ・ライトイヤー』が7月1日に公開されるのを記念し、『金曜ロードショー』(日本テレビ系/毎週金曜21時)では、6月17日に『トイ・ストーリー3』(2010)、同24日に『トイ・ストーリー4』(2019)が、本編ノーカットで放送される。『トイ・ストーリー4』は地上波初放送。

【写真】日本テレビ系『金曜ロードショー』にて放送される『トイ・ストーリー3』ビジュアル

 1995年にピクサー・アニメーション・スタジオの長編第1作にして、世界初の長編フルCGデジタルアニメーションとして誕生した『トイ・ストーリー』。以来、ウッディやバズをはじめとするおもちゃたちの大冒険を描き続け、世界中で大ヒットシリーズとなった。『トイ・ストーリー3』『トイ・ストーリー4』は、ともに日本でも興行収入100億円を超える大ヒットを記録している。

 第83回アカデミー賞長編アニメ映画賞・歌曲賞を受賞した『トイ・ストーリー3』は、映画史に残るディズニー&ピクサーの最高傑作とも言われている。17歳になったおもちゃの持ち主・アンディの元から、ウッディたちは手違いで保育園に寄付されてしまう。ひとりで脱出したウッディは、仲間たちに危険が迫っていることを知り、救出に向かう。たとえ助かったとしても、帰る場所はない彼らを待ち受ける“思いもよらぬ運命”とは? おもちゃたちが選ぶ本当の“幸せ”とは…?

 2019年に公開された『トイ・ストーリー4』では、ウッディと仲間たちが、今まで見たことのなかった外の世界へ冒険の旅に出る。おもちゃたちの新たな持ち主・ボニーが作ったおもちゃのフォーキーが仲間に加わり、『トイ・ストーリー2』で別の持ち主の元へ渡った羊飼いの人形、ボー・ピープも、強くたくましくなった姿で再登場。お互いに思い合うおもちゃたち、必死に仲間を守ろうとするバズ、そしておもちゃたちが下す意外な決断とは…?

 映画『トイ・ストーリー3』は6月17日21時、『トイ・ストーリー4』は同24日21時、日本テレビ系『金曜ロードショー』にて放送。