俳優の妻夫木聡が主演する2023年1月8日スタートの日曜劇場『Get Ready!』(TBS系/毎週日曜21時)の第1話に、池松壮亮がゲスト出演することが発表された。闇医者チームから“生きる意味”を問われる資産運用会社のCEO役を演じる。



【写真】第1話には入江甚儀、伊武雅刀も出演

 本作は、多額の報酬と引き換えに手段を選ばず患者の命を救う正体不明の闇医者チームの物語。演出は堤幸彦が担当。主人公の孤高の天才執刀医・波佐間永介(通称:エース)を演じるのは妻夫木聡。その相棒である交渉人・下山田譲(通称:ジョーカー)には藤原竜也。すご腕オペナース・依田沙姫(通称:クイーン)には松下奈緒。若き万能ハッカー・白瀬剛人(通称:スペード)を日向亘が演じる。


 池松がふんするのは、資産運用会社「渋谷キャピタルパートナーズ」のCEO・渋谷隆治。同社は親会社をもたない独立系資産運用会社で、アジア圏を中心としたビジネスで大成功を収め、業績が伸び続けている企業だ。渋谷はハゲタカファンドと一部ではののしられながらも地位と名誉と財産を手に入れた成功者。人生の勝ち組、順風満帆かと思われた矢先、突然の余命宣告を受けて人生に絶望する。そんな時、渋谷の前に現れたのが、交渉人・ジョーカー。誰もが渋谷の執刀をすすめるが、エースはなかなか首を縦に振らない。
エースの真意は果たして…。

 なお、「渋谷キャピタルパートナーズ」COO・才津明役で入江甚儀がゲスト出演。副総理・羽場一郎役で伊武雅刀、さらに三石琴乃のレギュラー出演が決定している。

 池松は「よく知っている妻夫木さん、初共演となる藤原さんとのお芝居はとても楽しかったです」とし、「今回初めて堤組に参加しましたが、堤監督は、頭の回転が素晴らしく早い。ひとつひとつの選択が早くて的確で、現場で拝見していて惚れ惚れしました。切れがあって、現場のムードがずっと落ちないんですよね」と撮影を振り返った。


 さらに、「1話の中に、渋谷の人生が凝縮されていて、駆け出しの頃から転落、そこからの起死回生に至るまで…人生のフラッシュバック、あるいは誰かの神話を撮っているかのようで、とてもやりがいがありました」と役の印象を明かし、「素晴らしいチームの素晴らしい作品作りのスタートに参加できて光栄です」とメッセージを寄せた。

 日曜劇場『Get Ready!』は、TBS系にて2023年1月8日より毎週日曜21時放送(初回25分拡大)。

 ※池松壮亮のコメント全文は以下の通り。

<池松壮亮 コメント全文>

■池松壮亮
 よく知っている妻夫木さん、初共演となる藤原さんとのお芝居はとても楽しかったです。

 1話にしてはハードな役どころで、撮影は大変でしたが、楽しくやらせていただきました。

 甚儀とは10年ぶりくらいに会ったのですが、全然変わっていなくて。
昔から心が綺麗で大好きなんですが、いい関係のまま、役の関係性を作っていけたのでとても感謝しています。

 今回初めて堤組に参加しましたが、堤監督は、頭の回転が素晴らしく早い。ひとつひとつの選択が早くて的確で、現場で拝見していて惚れ惚れしました。切れがあって、現場のムードがずっと落ちないんですよね。

 1話の中に、渋谷の人生が凝縮されていて、駆け出しの頃から転落、そこからの起死回生に至るまで…人生のフラッシュバック、あるいは誰かの神話を撮っているかのようで、とてもやりがいがありました。

 素晴らしいチームの素晴らしい作品作りのスタートに参加できて光栄です。


 ぜひお楽しみください。