松井玲奈が、松本潤が主演を務めるNHK大河ドラマ『どうする家康』(NHK総合/2023年1月8日より毎週日曜20時ほか)に出演することが発表された。大河ドラマ初出演の松井は、松本演じる家康の心に入り込む神秘的な女・お万(おまん)を演じる。



【写真】有村架純&松嶋菜々子ら、『どうする家康』扮装写真一挙公開!

 第62作大河ドラマとなる本作は、脚本を映画『ALWAYS 三丁目の夕日』や、ドラマ『リーガル・ハイ』(フジテレビ系)などで知られる古沢良太が担当し、新たな視点で歴史上の人物・徳川家康の生涯を描く物語。松本のほか、有村架純、岡田准一、松嶋菜々子、山田孝之北川景子阿部寛、野村萬斎らそうそうたる実力派キャストが顔をそろえる。

 お万は、池鯉鮒神社神主の娘。戦災を逃れ、瀬名仕えの侍女となり、やがて浜松城で暮らす家康のそばに仕えることになる。神秘的で妖艶な魅力が漂い、武田信玄との激戦で疲れた家康の心の隙間に入り込む。

 松井は「お万は、戦いで疲れた家康を癒やす、柔らかい役だと感じていますが、奥には強い信念を持ち、前を向き踏み出そうとする女性に感じました。
彼女の語る展望は、今の世の中にも通じるものであり、私は深く共感しました。臆することなく、言葉ひとつひとつに想おもいを込めて演じたいと思います」と話している。

 大河ドラマ『どうする家康』は、2023年1月8日より、NHK総合にて毎週日曜20時、NHK BSプレミアム・BS4Kにて同18時放送(初回15分拡大)。

※コメント全文は以下の通り。

<松井玲奈 コメント全文>

■演じる人物の印象はいかがですか?『どうする家康』出演への意気込みも含めてお願いいたします。

お万は、戦いで疲れた家康を癒す、柔らかい役だと感じていますが、奥には強い信念を持ち、前を向き踏み出そうとする女性に感じました。
彼女の語る展望は、今の世の中にも通じるものであり、私は深く共感しました。
臆する事なく、言葉ひとつひとつに想いを込めて演じたいと思います。

■ご出演にあたって、楽しみにされていることはありますか。

脚本がテンポよく、コミカルで、読んでいておもわず笑ってしまう場面がたくさんありました。実際にお芝居をした時、これがもっと膨らんでどんな場面になっていくのか、今から楽しみです。

■古沢作品で好きなものがあれば、理由とともに教えてください。


古沢さんの作品には初めて出演します。
『リーガル・ハイ』で雨のように降る台詞の中に、メッセージの強い言葉が放たれるのがとても印象的でした。