松本潤が主演を務める大河ドラマ『どうする家康』(NHK総合ほか)第1回「どうする桶狭間」が8日の今夜放送される。

【写真】父・関口氏純(渡部篤郎)と話す瀬名(有村架純) 『どうする家康』(NHK総合ほか)第1回「どうする桶狭間」場面カット

 第62作大河ドラマとなる本作は、脚本を映画『ALWAYS 三丁目の夕日』や、ドラマ『リーガル・ハイ』(フジテレビ系)などで知られる古沢良太が担当。

新たな視点で、江戸幕府を開いた徳川家康の生涯を活写していく。

【第1回「どうする桶狭間」あらすじ】

 武士が激しい領土争いを繰り広げていた戦国時代。尊敬する今川義元(野村萬斎)のもとで、人質ながらも楽しい生活を送っていた松平元康こと、のちの徳川家康(松本)は、心優しい姫・瀬名(有村架純)と恋に落ちる。

 このまま幸せな日々が続くと信じていたある日、織田信長(岡田准一)が領地に攻め込み、元康は重要なミッションを任される。命からがら任務を果たしたものの、戦場のど真ん中でまさかの知らせが舞い込む。

 大河ドラマ『どうする家康』はNHK総合にて毎週20時放送。
BSプレミアム、BS4Kにて18時放送。