現地時間1月10日、米カリフォルニアのビバリー・ヒルトン・ホテルにて、第80回ゴールデングローブ賞授賞式が開催された。アワードシーズンの幕開けを知らせたビッグイベントに集結した、セレブたちの美しいドレス姿をご紹介しよう。



【フォト特集】第80回ゴールデン・グローブ賞 豪華俳優陣のドレス姿を一挙見!

 デイミアン・チャゼル監督の最新作『バビロン』に出演し、映画部門の女優賞(コメディー/ミュージカル)にノミネートされたマーゴット・ロビー。この日マーゴットは、シアーなピンクのドレスでレッドカーペットに登場。シャネルのオートクチュールコレクションのもので、シャンティリーレースとシルクチュール、そしてスパンコール刺繍で形作られたシェブロン柄が美しいデザイン。シャネルによると刺繍の数は3万ヵ所にも及び、750時間もかけて制作されたものだそう。

 Netflixのドラマ『クイーンズ・ギャンビット』でブレイクしたアニャ・テイラー=ジョイは、サスペンス映画『ザ・メニュー』で、同じく女優賞(コメディー/ミュージカル)にノミネート。毎回美しい着こなしが注目を集める彼女が晴れの舞台に選んだのは、ディオールのツーピースドレス。
艶やかなバンドゥトップとマキシスカートのセットアップは一見シンプルながら、後ろを見ると大振りのリボンでトップスを留めるデザイン。ドレスに合わせ、プラチナブロンドのヘアはストレートにブロウし、ゴールドのチャンキーネックレスとブレスレット、ダイヤモンドのイヤリングをプラスした。

 Huluのドラマ『パム&トミー』でパメラ・アンダーソンを演じ、女優賞(リミテッド・シリーズ、アンソロジー・シリーズ&テレビムービー)にノミネートされたリリー・ジェームズ。リリーは、アトリエ・ヴェルサーチの真っ赤なボリュームドレスで往年のハリウッド女優を思わせるグラマラスなスタイルを披露。ドレスは幾重にも重なったスカートと大きく開いた胸元、ヴェルサーチらしい攻めのカットアウトが印象的。ヘアはゆるやかウェーブのダウンスタイルにし、ジュエリーはダイヤモンドのチョーカーとスタッズピアスに厳選し、上品なコーデに仕上げた。


 ハリウッドのアイコン、マリリン・モンローの生涯を大胆に解釈した話題作『ブロンド』に出演し、映画部門の女優賞(ドラマ)にノミネートされたアナ・デ・アルマスは、ルイ・ヴィトンのモノクロのドレスで会場入り。シルバーのスタッズで繊細な模様が施されたドレスは、どこか中世ヨーロッパを思わせる雰囲気。ヘアメイクをナチュラルに仕上げ、アクセサリーもダイヤモンドのブレスレットのみに抑え、シンプルかつ現代的なコーデに仕上げている。

 また、マーベル映画『ブラックパンサー/ワカンダ・フォーエバー』のレティーシャ・ライトは、カラリングが印象的なプラダで登場。ドラマ『マーダーズ・イン・ビルディング』のセレーナ・ゴメスはヴァレンチノのオートクチュールでエレガントに。『ウェンズデー』のジェナ・オルテガは、グッチのヌードカラーのドレスで大人っぽい一面をアピール。
さらに双子を妊娠中のヒラリー・スワンクは、プラダのダークグリーンのドレスで、大きなお腹と幸せいっぱいの笑顔を披露した。

 他にも、映画『フェイブルマンズ』のミシェル・ウィリアムズがグッチのドレスとシューズ、ドラマ『オザークへようこそ』と『令嬢アンナの真実』でWノミネートされていたジュリア・ガーナーは、ピンクのグッチのドレスで会場を賑わせた。