その年に公開されたインディペンデント映画を表彰する映画賞、インディペンデント・スピリット賞2023の授賞式が開催され、ブルーカーペットに美しく着飾ったセレブたちが大勢登場した。

【写真】美しく着飾ったセレブたち ブルーカーペットを一挙見!

 現地時間の3月4日、米カリフォルニア州サンタモニカのサンタモニカ・ピアにて、本年度のインディペンデント・スピリット賞の授賞式が開催された。

『エブリシング・エブリウェア・オール・アット・ワンス』で今年の賞レースを席捲しているミシェル・ヨーは、肩に大きなブルーの装飾のついたグッチのドレスで会場入り。この授賞式でも見事トロフィーを持ち帰った。

 『TAR/ター』のケイト・ブランシェットは、ロエベの黒いパンツスーツでポーズ。ブルーのラインがどことなくグランジな印象のコーデに合わせ、ブロンドのヘアはリラックス感のあるダウンスタイルにセットし、カジュアルな雰囲気でカメラに応えた。

 『ウーマン・トーキング 私たちの選択』に出演するルーニー・マーラは、ジバンシイの1997年春夏コレクションで発表されたヴィンテージドレスをチョイス。ロングのタキシードジャケットにスカートを合わせたデザインで、赤いファブリックがルーニーの白肌を引き立てる。


 会場でひときわ目を引いたジョディ・ターナー=スミスは、エリー・サーブのオートクチュールコレクションから、ベビーピンクのフェザーモチーフがまるで小鳥のようなミニドレスをチョイス。セレブに人気のブランド、アニータ・コーのジュエリーをプラスし、軽やかにポーズをとった。
 
 スプラッターホラー『Pearl(原題)』に出演するミア・ゴスは、黒いレースのヴィンテージドレスに合わせ、同色のヘッドスカーフをコーデ。ドレスは、ジョン・ガリアーノの1998年秋コレクションのもので、レースのカットアウトから肌が透けてみえる妖艶なデザイン。彼女のアイコンでもある薄眉に加え、リップやアイメイクもカラーを抑え、ドレスが主役のコーデで会場入りした。

 アカデミー賞やゴールデン・グローブ賞に比べ、カジュアルなドレスを楽しめるインディペンデント・スピリット賞。
賞の行方だけでなく、ファッションでも見るものを楽しませてくれた。