松岡茉優と窪田正孝がダブル主演する石井裕也監督最新作『愛にイナズマ』より、仲野太賀、高良健吾、趣里、三浦貴大、MEGUMIのメイキング映像が公開された。

【動画】クランクアップの瞬間も! 『愛にイナズマ』メイキング映像

 本作は、今の社会を予見したかのような“アフターコロナ”の世界を舞台に繰り広げられる、愛と希望とユーモアに満ち溢れた痛快なストーリー。

社会の理不尽さに打ちのめされた恋人たちが、10年ぶりに再会したどうしようもない家族の力を借りて反撃の狼煙を上げるさまを描く。

 長年の夢だった映画監督デビュー目前で、すべてを奪われた花子(松岡)。イナズマが轟(とどろ)く中、反撃を誓った花子は、運命的に出会った恋人の正夫(窪田)とともに、10年以上音信不通だった家族のもとを訪ねる。

 妻に愛想を尽かされた父・治(佐藤浩市)、口だけがうまい長男・誠一(池松壮亮)、真面目ゆえにストレスを溜め込む次男・雄二(若葉竜也)。そんなダメダメな家族が抱える“ある秘密”が明らかになった時、花子の反撃の物語は思いもよらない方向に進んでいく…。

 今回、仲野太賀、高良健吾、趣里、三浦貴大、MEGUMIのメイキング映像が解禁された。
俳優陣が「楽しい!」「もっとこの現場にいたい!」「石井組に初参加できて光栄」と素顔をのぞかせる、撮影中からクランクアップ場面までが収められている。

 正夫(窪田)の家に居候中の親友、落合を演じる仲野は、2人の友情を感じさせるシーン撮影の合間に、「石井組楽しいです!」と笑顔でコメント。そして、クランクアップでは「こんなに楽しい撮影ができて、凄く幸せです」と充実した撮影現場を噛み締めるように語る。誠一(池松壮亮)のパワハラ上司を演じる高良も、「本当はもっともっと(この現場に)いたいです」「この役を演じられて楽しかった」と名残惜しそう。

 マニュアルを徹底的に遵守するAIのような携帯ショップの店員役を演じる趣里は、治(佐藤)、誠一(池松)ら折村家を相手に一歩も譲らない機械的な対応。クランクアップ時には、「初めての石井組に参加できて光栄でした」「アベンジャーズみたいな方々が強すぎて…」と、緊張した撮影の感想を語る。


 花子(松岡)の意見を全て「若いね」「意味わかんない」「やり方が違う」と小馬鹿にして全く取り合おうとしない、嫌味な年上の助監督・荒川を演じる三浦貴大と、責任逃れをする卑怯な映画プロデューサーの原を演じたMEGUMI。2人は花子の家で宅飲みをするシーンでクランクアップ。

 三浦は「荒川という不思議な役を演じることができて、自分自身も凄く楽しかったので完成が楽しみです。また石井監督とご一緒できて嬉しかったです」と語ると、MEGUMIも「石井組は初参加。私は意外とこういう役を演じたことがなかったので難しかったですね。悩みながらも、物凄く楽しくお芝居ができました」と本音とともにこの難役を演じた感想を語った。


 コロナ禍で人間関係が希薄になる中、恋人であれ家族であれ目の前に手を差し伸べてくれる人がいる奇跡を感動的に描く本作。完全オリジナル脚本で挑んだ石井監督は、「コロナ禍を経験したからこそ作れた、愛と希望に満ち溢れた映画になったと思います」と語る。ユーモアと愛情たっぷりに、圧倒的熱量で描かれる物語のラストに明かされる、ある”秘密”は、観る人にまさに雷に打たれたような衝撃と感涙をもたらすだろう。

 映画『愛にイナズマ』は、10月27日より全国公開。