俳優の神木隆之介、浜辺美波が23日、東京ミッドタウン日比谷 日比谷ステップ広場/日比谷仲通りにて開催された「第36回東京国際映画祭」レッドカーペットに出席。山崎貴監督と共にトップバッターとして会場に現れた。



【写真】浜辺美波のシースルー柄のドレス全身ショット

 クロージング作品として選出された映画『ゴジラ-1.0』に出演した神木と浜辺。この日、神木はスタンダードなタキシード姿で登場。一方の浜辺は、黒髪ショートヘアをセンターパートで分け、黒をベースにしたシースルー柄のドレスで登場。普段とは雰囲気を一変させ、大人な雰囲気のドレスアップをしていた。
 
 あいさつを任された神木は「このチームでレッドカーペットを歩くことができて光栄に思っております。皆さまに楽しんでいただける作品になっておりますので、ぜひよろしくお願いします」と一言。


 さらに作品の見どころを振られると「画面いっぱいのゴジラを見れるので、迫力満点で。アトラクションのような感覚で見られる作品となっております」と神木。3人でレッドカーペットを歩いた。

  「第36回東京国際映画祭」は、日比谷・有楽町・丸の内・銀座地区にて10月23日~11月1日に開催。