堂本光一が、映画『フェラーリ』の宣伝コメンダトーレに就任することが決定。“フェラーリ愛”あふれるコメントが到着した。



【写真】アダム・ドライバーがエンツォ・フェラーリを完全再現! マイケル・マン監督最新作『フェラーリ』場面写真&キャラビジュ

 本作は、F1界の“帝王”と呼ばれた男、エンツォ・フェラーリの情熱と狂気を圧倒的熱量で描く衝撃の実話。製作・監督は、『フォードvsフェラーリ』では製作総指揮を務めた巨匠マイケル・マン。キャストには、主人公エンツォ・フェラーリ役のアダム・ドライバーをはじめ、ペネロペ・クルス、シャイリーン・ウッドリー、パトリック・デンプシーなど実力派俳優が集結した。

 この度、堂本光一が本作を全面的に応援する“宣伝アンバサダー“ならぬ“宣伝コメンダトーレ”に就任することが決定した。トップアイドルの第一線を駆け抜けながら、テレビはもちろん、ライフワークとなっている舞台での活躍など、常に日本のエンターテインメントを牽引してきた堂本が、エンツォさながらの情熱を持って本作の魅力を全国に届ける。

 筋金入りのフェラーリファンとしても知られる堂本は、宣伝コメンダトーレのオファーを即快諾。
予告編にも出てきたセリフを引用し、「“車を売りたいからレースをする”じゃないんですね、フェラーリは! “レースをするために車を売る”。これはある意味フェラーリの全てが詰まっている言葉で、僕がフェラーリを好きな部分なんです」とフェラーリ愛を語った。

 続けて「フェラーリの栄光やきらめきだけじゃない部分が本作では描かれていますし、フェラーリ好きにとっては真髄に迫れると感じています」と、本作で明らかになるフェラーリ黎明期に秘められた栄光・愛憎・悲劇が織りなす人間ドラマについても触れ、「本作を観てフェラーリの奥深さを知ることができて、さらにフェラーリが好きになりましたし、皆さんにもそれを感じていただけたらなと思います」と、今回の”宣伝コメンダトーレ”としての意気込みを力強く語った。

 さらに、堂本が登壇する先行上映会が、6月24日にTOHOシネマズ 六本木ヒルズにて開催されることが決定した。今の時代だからこそ伝えたいエンツォ・フェラーリの情熱と狂気に満ちた生き様、手に汗握る迫力のカーレースシーンの魅力を、堂本が”フェラーリ愛”たっぷりに語り尽くす。

 映画『フェラーリ』は、7月5日より全国公開。


※堂本光一のコメント全文は以下の通り

<コメント全文>

■堂本光一

 この度、映画『フェラーリ』の宣伝コメンダトーレを務めさせていただくことになりました、堂本光一です。

 かっこよさや華やかさ、そういった部分はもちろんですが、フェラーリがフェラーリたる所以、国を挙げた文化やその歴史に、自分がフェラーリを好きになったきっかけがあるんです。本作を観てフェラーリの奥深さを知ることができて、さらにフェラーリが好きになりましたし、皆さんにもそれを感じていただけたらなと思います。

 本作の予告篇にもある通り、“車を売りたいからレースをする”じゃないんですね、フェラーリは! ”レースをするために車を売る“。これはある意味フェラーリの全てが詰まっている言葉で、僕がフェラーリを好きな部分なんです。フェラーリの栄光やきらめきだけじゃない部分が本作では描かれていますし、フェラーリ好きにとっては真髄に迫れると感じています。


 今回この映画が日本でも公開されるということで、たくさんの人に映画の魅力をアピールできるよう精一杯宣伝コメンダトーレを務めさせていただきます。