俳優の山下智久が12日、東京・六本木ミュージアムで開催される「ミス ディオール 展覧会 ある女性の物語」に来場。展覧会の魅力を語った。



【写真】有村架純、絶対領域もまぶしいミニドレスで登場

 「ミス ディオール 展覧会 ある女性の物語」は、パルファン・クリスチャン・ディオールが、新しいミス ディオール パルファンの誕生を記念して世界中を巡ってきた展覧会。六本木ミュージアムでは6月16日から7月15日まで開催される。この日は、山下と共にディオール ビューティー アンバサダーを務める新木優子吉沢亮、Cocomiや、ディオール ファッション&ビューティのグローバルアンバサダーであるジス(BLACK PINK)、ミス ディオールのミューズを務めるナタリー・ポートマンら豪華ゲストが一足早く展覧会を体験した。

 ブラックのスーツに身を包んだ山下は、ミス ディオールについて「僕はフランスのミュージアムにも行かせていただいたことがある」と告白。「本国から色んなものを取り寄せていて、歴史を感じることができます」と本展覧会の魅力を語り、「ミス ディオールの香水が構成されている5つの花の香りを直接楽しめるという、すごく良い経験ができた」と口にした。

 今年の夏をどう楽しみたいかと問われた吉沢は「夏っぽいことをやってきた思い出があまりないので、今年は30歳にもなりましたし、プライベートを充実させるような思い出作りみたいなことも楽しみたい」と吐露。
ミニ丈のワンピース姿を披露した有村架純は「今年の夏は絶賛撮影中の『海のはじまり』で、充実した夏を迎えられるんじゃないかと思っている」と7月1日より放送予定のドラマに触れ、「皆さんとコミュニケーションを取りながら、忘れられない夏を過ごしたい」と微笑んだ。

 「愛とは何か」と質問されたCocomiは「まだ私も研究中のサブジェクトなんですが、愛は相手のフローを受け入れつつもすべてを愛するというのが愛かなと私は思います」と回答。広瀬アリスは「私の思う愛は、自分を犠牲にするもの。飼っているワンちゃんへの愛がとにかくすごいんです。仕事が忙しくても、睡眠時間よりワンちゃんのお散歩の時間だったり、そういうことに使っている」と自身の愛を語っていた。

 BLACK PINKのジスは胸元の開いた花柄のドレスで登場。
報道陣のフラッシュに笑顔を振りまき、手を振って撮影に応じた。

 最後に登場したナタリーは、シースルー素材のドレスでさっそうと現れ、会場を魅了。「日本に戻ってくることができて本当にうれしく思っています。日本のことが大好きです」と笑顔を見せ、「食文化もそうですし、アートやデザイン、そして建築に至るまで、本当に特別なシーンに溢れているというのが日本だと思います。また来ることができて本当に光栄に思っております」と来日を喜んでいた。

 「ミス ディオール 展覧会 ある女性の物語」は、東京・六本木ミュージアムにて6月16日~7月15日開催。