ホラー映画『プー あくまのくまさん』の続編『プー2 あくまのくまさんとじゃあくななかまたち』の公開日が、8月9日に決定。特報とティザービジュアルが解禁された。



【動画】プーと新たに加わった凶悪な仲間たちが、今夏、再び日本を襲撃! 映画『プー2 あくまのくまさんとじゃあくななかまたち』特報

 原作『Winnie‐the‐Pooh』(1926年発表)の著作権保護期間が各国で相次いで終了し、パブリックドメイン化したことからホラー実写化が実現した映画『プー あくまのくまさん』。その話題は世界中を席捲し、2023年に最も期待する映画ランキング(IMDb)で上位にランクイン。制作費わずか10万ドルの超低予算にもかかわらず、全世界420万ドルのスマッシュヒットとなり、日本でも昨年6月に劇場公開されて大ヒットした。

 そして、その続編となる『プー2 あくまのくまさんとじゃあくななかまたち』も制作され、今年の3月に全米で公開。前作が最低映画を決める「ラジー賞」こと「ゴールデンラズベリー賞」で2023年に最多受賞したのに対し、今作はレビューサイトRotten Tomatoesの批評家スコアで驚がくの100%発進を記録している。

 前作に続きリース・フレイク=ウォーターフィールド監督がメガホンを取り、前作でプロデューサーを務めたスコット・チェンバースが主演・製作を兼任。
さらに、『サマー・オブ・84』のマット・レスリーが脚本を担当した。また、『アマデウス』や『恋におちたシェイクスピア』など数多くのヒット作で知られる英ベテラン俳優サイモン・キャロウが出演するなど、スタッフ・キャスト陣ともに前作から大幅にパワーアップしている。

 特報は、軽快なビートが鳴り響く中、凶悪なプーが泣き叫ぶ女性を捕らえる様子や、クラブで乱痴気騒ぎをする若者たちを一瞬で恐怖に染める一幕などが切り取られたもの。そのなかにはプーのルーツに関わる意味深な姿も…。どんなストーリーが展開するのか、期待が高まる特報となっている。

 ティザービジュアルは、人間に対する怒りや嘲笑が込められたような何とも言い難い表情のプーが、炎燃え盛るチェーンソーを構えて今にも襲い掛かってきそうな姿が写し出された、壮大な“血祭り”を予感させるビジュアル。


 なお本作の特典付きムビチケオンライン券が、6月21日より発売。価格は1600円(税込)。特典として、オリジナルスマホ壁紙が付く。

 映画『プー2 あくまのくまさんとじゃあくななかまたち』は、8月9日より全国公開。